2013年3月 8日

震災から2年。。

大変大変久しぶりの更新です。まる妻です。

震災と福島の原発事故から2年が経とうとしています。
私たちも事故直後は野菜の出荷をお休みしたり、
今もなおいろいろな影響を受けているわけですが、
その責任を東京電力に求めるのかどうか、事故後から考えていました。

現実問題として1ヶ月半のお休みは収入減にもつながり、
そしてあの手この手で原発を再稼動させようとしている動きをみて、
事故の被害がいかに広範に及び、そして甚大だったかを訴えるチャンスだと思い、
県内の有機農家数軒と一緒に声を上げることに決めました。

それがようやく一段落。
事故から半年間の期間に対する補償がされることになりました。
私たち有機農家はJAなどを通してではなく、個人のお宅との直接のやりとりのため、
出荷量や作付け量についてかなり細かく証明書類を求められ、
その書類を準備するのにも相当な時間を費やし、
一年近くかかってようやく認められました。

その過程で東電の社員が我が家にも何度も訪れ、
直接話しをする機会もあったわけですが、
私たちが味わった悔しさや、不安、怒りは本当に伝わったのでしょうか。。

日頃から、安全であることを第一に考えて作っている野菜。
それが事故により、自分たちでさえ口にするのがためらわれ、全て廃棄したこと。

私たちはあの時の気持ちが今でも忘れられないのですが、
東電の社員の一人が「うちも家庭菜園をやっているんです」と言ったので、
「事故の直後、その野菜を食べられましたか?」と聞いたら
笑顔で「はい、孫も食べました!」と。。もう呆れて言葉が出なかったなー。

補償すると言ったって、結局電気料金の値上げや税金などで補われている。
それを考えると、自分たちの選択が正しかったのか悩みます。。

だからこれを電力(東電)依存から抜け出すための何かに使いたい、
今はそんなことを考えています。
東電⇒自然エネルギーというお金の流れをつくれたらいいな、と。


環境活動家・田中優さんが実践する「オフグリッド生活」。これを目指したいな。


*Facebook「まんまる農園」ページにて日々の畑の様子をアップしています!
 ぜひそちらもご覧ください。

| コメント (0)

2012年7月12日

検査結果

おはようございます。まる妻です。

7月6日にジャガイモ、きゅうり、ズッキーニを放射性物質の検査に出しました。

結果は全て「検出されず」。(検出限界値5Bq/Kg以下)

検査機関の方の話では、他に真岡産のジャガイモが4種類持ち込まれたが、
いずれも「検出されず」だったとのこと。

昨年などは、イモ類、特にジャガイモは他の野菜に比べ、
放射性物資の土からの移行係数が高いと言われていたので、
改めて「検出されず」の結果にほっとしています。

以下、詳細なデータです。
(画像をクリックすると拡大します)


ジャガイモ

J_4

きゅうり

J_5

ズッキーニ

J_6

以上です。

また検査を実施した際には、結果をご報告します。

| コメント (0)

2012年7月 7日

Resize_2 

こんにちは。まる妻です。

前回、HPリニューアルに伴いこのブログもお引越し、
とお伝えしましたが・・・なんだかうまくいきません。

そのため、ブログは今までどおり、こちらに投稿していきます。

少し前に、除草のため田んぼに入りました。
この時季にしか出番がない田んぼの除草機。
一年ぶりに動かそうと思ったらエンジンがかからない・・・よくあることです。(涙)

田植えや稲刈りに使う機械も要注意です。

仕方がないので、機械を使わず除草をすることに。
少しずつ生えてきた草はまだまだ小さかったので、
泥の表面を手でワシャワシャすれば、根っこから水面に浮いてきます。

写真のように通称「とろろ昆布」が水面を覆ってしまえば、光が入らなくなり草も生えなくなるのですが、これが発生している場所はまだごく一部。

田植え後、初期に2回ほど除草すれば、
あとは稲が草より旺盛になり、それほど草は生えなくなります。

無農薬でもポイントをおさえて草の管理をすれば大丈夫。

ではなぜ一般的な農家は薬を使うのか。

それは少しでもキレイなお米をつくって、高く買い取ってもらうため。
一表に何粒あるかというレベルのカメムシ被害を防ぐためです。

カメムシに少し吸われたって、お米はおいしく食べられます。
でも等級(価格)が下がってしまうのです。

そのためにヘリコプターを使ってシャーっと、
田んぼの隅から隅までたっぷりとかけていくのです。

・・・話は変わり、
その後、無事機械は直り、2回目の除草のときは活躍してくれそうです。

今年の米づくりはまだまだ始まったばかり!
今年も美味しいお米が食べられますように!!

| コメント (0)

2012年6月25日

ホームページ、リニューアル!

こんにちは。まる妻です。

ついに、ずーっとずーっと気になっていた
ホームページのリニューアルを行いました!

新しいホームページは こちら

これまでのホームページは、
以前働いていた職場でさらりと教えてもらった程度の知識で作ったので、
すごく時間がかかったし、その後の更新も億劫でなかなかやる気にならない、
そうこうしているうちに更新の仕方が思い出せない(苦笑)・・・そんな状況でした。

しかし先日、知人に教えてもらった「jimdo」。
ブログの更新ができる人ならホームページが作れてしまうという、
超画期的なサービスです!

無料版はできることが限られているので、
「もうちょっとこうなればいいのにな」ということもあるのですが、
贅沢は言っていられませんね。

写真なども増やして、少しずつ充実させていきたいと思います。

ホームページのリニューアルに伴い、ブログも新ホームページ内に引越しとなります。
お気に入りに登録されている方がいらっしゃいましたら、変更をお願いします。


それからもう一つ。

少し前から私たちもFacebookを始めまして、
まんまる農園のFacebookページも作りました。

そちらでも畑の様子などアップしていますので、
Facebookを利用していらっしゃる方はぜひご覧下さい。

ブログの更新はほとんどしない私たちですが、
意外にもFacebookはわりと頻繁に投稿しています。(笑)

やはりちょっと空いた時間に、携帯から気軽にできるからでしょうか。

それにしても便利な世の中ですね。。

| コメント (0)

2012年6月12日

野菜の放射性物質の分析結果

  6月6日~8日に収穫した野菜の放射性物質の分析結果が返ってきました。
検査に出したのは6品目です。
カブ、キャベツ、大根、玉ねぎ、人参、小松菜。
最近になってやっと検査も安価で行えるようになり、農家にとっても、意識の高い消費者にとっても検査が一般的になってきました。
(安全にはかえられませんが、実際、一検体、7000円ぐらいしていた頃は経済的に大きな負担となっていました。)


さて、重要な結果ですが、
すべて『検出限界値(10Bq/kg以下)で検出されず』という結果でした。

結果にひとまず胸をなでおろしています。

詳しくご覧になりたい方はこちら

人参↓

20120612_2

かぶ↓

20120612

大根、小松菜 ↓

20120608_10

20120608_8

玉ねぎ、キャベツ ↓
20120608_6

20120608_5 


| コメント (0)

2012年5月26日

定植祭り、開催中

こんにちは。まる妻です。

夏野菜の定植祭り、順調です。

1338180843930.jpg ナス

1338180849946.jpg サトイモ

1338180851433.jpg トマト


週末は田植え!

| コメント (0)

2012年5月10日

リビングマルチ

 夏野菜の定植を時期を向かえ、畝間(通路)に麦をまくリビングマルチを行っている。

昨年、農業研修先の帰農志塾で、リビングマルチに特化した研修会が行われ、50人以上の参加していたし、日本有機農業研究会の会報にも詳細にわたる技術解説が行われていた。他の有機農業者のブログを見ても、みんなやっているいわば、流行の技術。定番化しつつある。

目的とする作物の畝間に麦(など)を蒔き、雑草を抑えるという技術、暑くなれば、麦は勝手に枯れ、倒伏し、その後も土の表面を覆う。①土の乾燥が抑えられ、②草が抑えられ、③その後も残渣が土を肥やす、④見た目もきれいという一石何鳥にもなる技術なのだ。(麦は収穫までは至らない)
なぜ、麦を使うことが多いかというと、くず小麦が安価で手に入るため。

私も3年前から取り組んだり、取り組まなかったり、失敗したり、成功したりである。成功の秘訣は麦を惜しみなくまくことのようだ。今年は知り合いの有機農家からクズ麦を譲ってもらい見た目に癒されるキレイな畑を目指したい。

きゅうりの通路に蒔いた麦↓

Img_0461

ズッキーニの畝間(通路)と長芋の支柱(アーチ)の間に蒔いた麦はすでに発芽↓

36

| コメント (0)

2012年5月 8日

竜巻、無事でした

大変お久しぶりです。まる妻です。

ゴールデンウィークの最終日、6日に真岡市を竜巻と見られる突風が襲いました。
たくさんの方にご心配の電話やメールをいただき、この場をお借りしてお礼申し上げます。

幸い私たちの家もビニールハウスも無事でしたが、
知り合いの家やまんまる農園のお客様の家も被害に遭いました。

うちの子供たちが通う保育園も、窓ガラスが割れるなどの被害がありました。

保育園の隣には小学校も並んで建っており、
もし子供たちがいるときだったら・・・と考えると恐ろしいです。

保育園は、復旧まで市内の別の施設をお借りできることになり、
子供たちも元気に通っています。

ご心配下さった皆さま、どうもありがとうございました。

| コメント (2)

2012年2月 8日

機械小屋建設中

Photo_2

お久しぶりです。まる妻です。

また今年も新年の挨拶を逃しました。
年が明けて最初の更新ですが、もうすでに2月・・・
あいかわらずののんびり更新、今年もおつき合い下さい。

12月中旬くらいまでは、「この冬は暖かいねぇ~」なんて言っていましたが、
いえいえ、とんでもない。やっぱり寒いです。

栃木って一応関東なので、
それほど寒いと思われていないのが悔しいのですが、
毎年冬になると栃木に嫁に来たことを後悔します。(笑)

夜洗った食器が凍ってくっつき、便器の中の水が凍り・・・
これでも家の中か!と、ツッコミを入れたくなります。

早く春よ来い!

そんな調子なので、畑の方は草も生えず、種を蒔くこともなく、
淡々と収穫と出荷作業。
その合い間に機械小屋の建設を(夫が)行っています。

運良くいろいろな方からいろいろなモノををいただいて、
うちはけっこう機械類が充実していると思うのですが、
それらが雨ざらしで置いてあって、前からいかんな~と思っていたのでした。

先日、ありがたいことに有機農家の仲間が10名弱、
小屋の建設を手伝いに来てくれました!
あっという間に骨組みが出来上がってしまい、本当に助かりました。

しかも皆さん、「勉強になりました」と言って去っていく。。
あの姿勢、見習わなくては。

今後は主人と義父がコツコツと進めていきます。

それにしても主人の技術もかなり向上しました。
しかし、常に何かをつくりたがっているので、
家の周りが建物だらけになりそうで心配です。。

| コメント (0)

2011年12月 7日

うかたま

まる妻です。

5日発売の「うかたま」という雑誌の
『耕す女子たち』というコーナーに登場しております。

これまでにも地元のテレビやラジオなどに
ちょこっと出させていただいたことはありましたが、
農園主の夫がメインでした。

今回はタイトルからおわかりのように、
女子(?)である私の話を記事にしていただいたのですが、
いや~思いを伝えるって難しいですねぇ。

終わってみると、あれも話せばよかった・・・ということがいっぱい。

しかし、拙い話を「よくぞここまで!」というくらい
うまくまとめていただきました。さすがプロです。

本屋で見かけましたらお手にとってみてください。
いちば~ん後ろの方です。


Photo_2

| コメント (2)

«ささやかな抵抗