« 健太郎米 | トップページ | 引越し準備 »

2006年11月17日

イノシシが近くまで・・・

 今日付け、地元紙の下野(シモツケ)新聞にこんな記事が出ていた。

Photo_137 「イノシシ6頭 初の駆除」(真岡市とJAはが野)

記事よると、私が住んでいる山前地区のその中でも茨城県よりの東部とその周辺地域で初めてイノシシが捕獲されたというのだ。最も大きいものは体長155センチ、85キロだったという。
 最近はニュースでも人が熊に襲われたというのがやっているが、よく言われているように人間と野生動物のすみわけの境界線がなくなってきたのだろう。日々畑仕事に従事するものにとってはやはり気になる話だ。このニュースには少なからず驚いた。山前地区を東西に分ける小貝川という川があるが、イノシシはもう対岸まではやってきているようだ。

 数年前から日光いろは坂のサルに襲われる観光客の話や軽井沢の商店街を闊歩するサルの群れの話が夕方のニュースでやっていたがついに私の身近なところにもやってきているということか。

 そういえば、先日このブログで紹介した「シャンティふぁ~む」のけんちゃんも「イノシシに大豆を喰われた」とか、「イモを全て掘り返された」とか、「田圃でイノシシが水浴びしてた」とかそういった「アニマルプラネット」も顔負けの話を聞かされていた。そのときは自分とはほど遠い話だと思っていたが・・・・。

ゴルフ場に出没したり、農作物の被害も出ているという。
次にこの話題をするときは実際に畑で被害を受けたときかもしれない。

市とJAはが野はわなで捕獲したとも書いてあるが地元猟友会も出動したのだろうか。人が被害に遭わないように、駆除(新聞の言葉を引用)するということなのだろうが、もっと根本的な問題を解決しなければ意味がないだろうと考え込むのだが・・・・。問題が大きすぎて頭が痛くなってきてしまう。
 自然界からのサインとしか思えない。
話がでかすぎてしまうので、今日はこの辺りで・・・。

Photo_138


収穫をしていると気球がたくさんとんできた。遠くにいっぱい飛んでいたがカメラに収まらず。近くの茂木町というところで気球の世界大会が行われているそうである。詳細
楽しそうなので時間を見つけて見に行きたい。





« 健太郎米 | トップページ | 引越し準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健太郎米 | トップページ | 引越し準備 »