« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日

有機農業推進法ー②

有機農業推進法ー②

先日の続き・・・。の前に
先日の記事の中で肝心の「有機農業推進法」の部分のリンクがうまくはられていなかったのでこちらから
→「有機農業推進法」

この法律を受けての有機農業者の意見
①    有機農業推進と環境保全型農業との関連性ついて

 今回策定される施策は従来から国が進めてきた環境保全型農業の一部に有機農業を組み込んでいくということではなく、有機農業それ自体の推進を進めて欲しい。国の全体方針の中にこの施策が積極的に位置づけられ、新しい日本農業創造への取り組みがダイナミックに展開して行くあり方が望ましい。

②    農業と自然環境の好い関係づくりへの踏み込んだ取り組みへの期待

有機農業を行うことによる生物多様性の保全について、また農業が本来持っている自然循環機能の維持増進についての国民の新しいまなざしを広げ育てていくこと。こうした分野への施策の踏み込みを期待。

③    食農教育推進との積極的連携を

 小学校などの農業体験については有機農業がもっとも教育的効果が高いことはすでに実証済みである。また学校給食への有機農業生産物の供給やそれを契機にした子どもたちと有機農業者との交流などへの強い期待が寄せられている。

④    食料自給率向上の取り組みと積極的連携を

 有機農業は30数年前のスタート時点から生活自給、農業生産自給、地域自給の理念を高くか掲げ生産者と消費者の提携を特に重視して取り組んできた。有機農業の取り組みの中には自給率向上についての様々な経験が蓄積されている。これらの経験を掘り起こし、自給率向上の取り組みと積極的に関連付けられることを期待する。

⑤    有機農業推進の視点から関連諸政策の見直しについて

 国がこれまで有機農業推進に施策を講じてこなかった為、農政施策の諸分野で有機農業者が施策対象になりにくい状況が生じている。技術開発に関しては有機農業について研究課題すら設定されてこなかったのが現状である。こうした中で行政組織の担当者でさえ、有機農業の意義、歩み、理論等について承十分に知されていない。今後は有機農業者との懇談や先進地の現地視察などの機会を設けるなどの措置が必要だと思われる。

「有機農業推進基本方針策定に関する有機農業者からの意見

      全国有機農業団体協議会より」

ーーーーーーーーーーーーーーー

 前回と今回の記事により、日本の有機農業の歩み、そしてこれからの位置づけ、それに対する有機農業者の期待と要望がおわかりいただけただろうか。
有機農業の多面的意義を考えると、今まで行われてきた圧倒的な効率主義のやり方から立ち止まって、今後の地球環境のこと、人間を含めた全ての生き物のことを考える時が来ている。日本の農業においては今がまさにそのときだと思うのだ。

先人が築いた礎に改めて感謝。

| コメント (2)

2007年1月29日

有機農業推進法ー①

「有機農業ネットワークとちぎ」の総会から一週間が過ぎ、そのときの資料を読み込んだ。自分なりにイメージをつかむ為にここに少し書いてみようと思う。内容は少し硬いかもしれないがお付き合いいただきたい。

ーーーーーーーー

2006年12月8日 有機農業推進法が衆議院本会議で可決成立
    12月15日 公布、施行

【1】 法律の背景
 長い歴史と需要の拡大にも関わらず、進まぬ日本の有機農業の普及。

有機農業の生産者は生産物の総生産量の0.5%前後。(韓国や欧州は3~4%
有機JAS認定農家は4611戸。市場の有機農産物のうち国産は3.2%
一方、消費者は有機農産物を購入したい42%、安くなれば24%、表示が信頼できれば15%。 
     
【2】 法律制定の意義
① 有機農業推進の基本理念を明確にし、その理念に沿った総合的施策の構    築と実施を国と地方自治体の責務として定めたこと。
② 有機農業推進を、国、地方自治体と有機農業者等との連携の下で進めていくことが定められたこと。
③ 有機農業推進のためには、有機農業に関する消費者の理解の広がりが特に重要で、そのためにも有機農業者と消費者の交流と「提携」の促進が重要であると定めたこと。
④ 国は有機農業促進のために、必要な法制上、財務上の措置、その他の措置をとることを定めたこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
衆議院議員・農林水産委員 谷裕之 氏の講演資料
全国有機農業団体協議会の資料から

議員連盟の設立趣意書→こちら
有機農業推進法    →こちら

次回はこの法律を受けての有機農業者からの意見書をまとめてみたいと思う。


| コメント (0)

2007年1月28日

温床枠作り

2月から育苗がはじまる。
先日、温床についてふれたが、「温床」とは発酵熱を利用した育苗の方法である。枠を作り、落ち葉と米ぬかと鶏糞に水を混ぜ、踏み込む。


 有機農業界は「踏み込み温床」と言われている。
今日はハウスの中でその枠を作った。
昨年は枠に畳を使って行っていたが今年はワラを使用。
昨年の失敗を今年に生かせるように、横に渡す棒を2本にしようと思う。
棒を途中まで渡すところで今日は終了。
明日はここに麻紐でワラを編んでいく。

Photo_164

| コメント (0)

2007年1月24日

種の注文

年間の出荷計画と栽培計画に基づき、種の必要量を計算、
品種カタログと睨めっこして注文数を出した。

品種のカタログというのはいいことしか書いていない気がする(当たり前か・・・)
昨年は天候が良かったせいもあってどの作物も良くできた。
「勝ったチームを動かすな」というスポーツの鉄則もあるので
概ね昨年と同じ品種を選んだ。

細かいことを言えば、トウモロコシを増やす。
丸ナスを減らし、長形ナスを増やす。
カリフラワーを試す。ニガウリを大きい品種に変える・・・・
と切がない。

最近気になっているのは4月の端境期(今の野菜が少なくなってきて、春野菜が出るまでの間)の野菜セットの内容について

写真の切干大根もその対策の一つ、
はたしてうまくできるか。
Photo_163

| コメント (2)

2007年1月22日

落ち葉

最近は畑仕事といえば、収穫と出荷作業、そして落ち葉ひろいくらいのものだ。
のんびりしているといわれればそれまでだが、そういうサイクルなのだから仕方がない。

2月になれば育苗といって種を蒔いてその管理が始まる。
管理とは具体的には温度管理と水分管理だ。水分管理は毎日水を上げればいいのだが、温度管理は気が抜けない。
2~3℃が命取り。少しの油断で全部が枯死することだってある。

ビニールハウスの中で苗を育てるがハウス内は閉めっぱなしだと35℃を越すこともあり、またこの時期、夜間は0℃を下回る。

ハウスの開閉や夜間にビニールやコモを被せることによって適正な10℃~25℃くらいに保ってやるのである。
落ち葉をなぜ拾うのか・・・・。
それは後日説明させていただくことにする。

とにかく2月からは気の抜けない日々が始まるということだ。


Photo_161 落ち葉と戯れる妻

| コメント (0)

2007年1月21日

「有機ネットとちぎ」の総会

「有機農業ネットワークとちぎ」の総会が宇都宮で行われた。
有機農業の関連行事は農閑期の12月、1月に集中する傾向にあるのだ。
皆、二月頃から畑仕事(春作の準備)が少しずつ始まるのである。

先週のサッカー大会とはがらりと変わり、ぐっと内容が濃く、
先日とはまた違う充実した時間となった。

午前中は遺伝子組み換え技術の問題点と現在の状況を示した
アメリカのビデオ。この内容については非常に示唆的で問題も多岐にわたっているので近いうちにゆっくり時間をかけて触れていきたいと思う。
多国籍企業による生物特許の問題で将来的に我々日本の農業者の生活も脅かしかねない状態になっているのだ。

午後になると、シンポジウムと題して、有機農業推進法を受けての行政、農家、流通など関係諸団体の今後の予想される動きと現在の動向の発表があった。

ところで昨年12月に「有機農業推進法」が国会議員の全員一致で可決されたのをご存知だろうか。おそらくご存知ある方はほとんどいないとおもう。
三大新聞でも取り上げられなかった話題らしい。

簡単に言えば、今まで国や県は「環境保全型農業」というわかったようなわからないような目標を掲げ、環境に負荷をかけない農業を進めてきた。
そうではなくて今後は有機農業を進めていくための枠組みを作るということだ。
ここでいう有機農業は以下のように法律で定められたもの

「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組み換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産方法を用いて行われる農業」

例えば、国民に対する広報や教育分野へ組み込んだり、有機農業の取り組みを後押しする為の助成などである。具体的なことはこれから県単位で始まるそうだ。


有機ネットとちぎの会長が、「この法律は国から与えられたものではなく、我々有機農業に関わるものを勝ち取ったことに意味がある。日本有機農業研究会発足35年目にして大きな節目にきた。これからは我々有機農業者が積極的にこの法律に関わっていくことがさらに必要になる。」と力説していた。

たしかに有機農業にとって大きな追い風になることは間違いないだろう。
昔は有機農業といえば、畑に雑草の種を散らす、虫の発生源になると大いに周りの農家から敬遠されてきたと言う話をよく聞いた。

しかし、私が始めてから今までどこにいっても非常に好意的に畑を貸してもらえたり、道具や機械を貸してもらえたりする。就農前に考えていたのと確かに違うと感じていた。

これから非常に面白い時期にはいったのかも知れない。
私自身は足元をみて一歩一歩進むことに変わりはないが。

| コメント (0)

2007年1月20日

新年会

近くの農業者が集まる新年会でまたカラオケにいった。
頻繁にカラオケに出入りしている自分は恥かしいのだが・・・
これでも今回は一次会で帰る気だったと言っておこう。

今回は知り合いの幼稚園児と一緒にいったのだが、
これまた非常に楽しく、ここに報告したい。

アンパンマンマーチというのをご存知だろうか。
アニメ「アンパンマン」でおなじみのあの歌である。
今年30歳を迎えるおっさんがなぜかそのストレートでピュアな歌詞にココロを打たれてしまった。

「なにがキミの幸せ?、何をして喜ぶ?わからないまま終わる、そんなのは嫌だ。忘れないで夢を、こぼさないで涙。だから飛ぶんだどこまでも~♪」

子どもがマイクを持って一生懸命歌おうとしている姿にココロを打たれてしまったのか・・・

今後は私のレパートリーに入れておこう。
と妻に話したら、「歌う姿を想像したら笑えないかも」とやんわり諭された。

そういえば私の知っているテレビアニメになる前のアンパンマンは自分の頭を
食べさせて人助けをする自己犠牲の象徴だったね。

| コメント (0)

2007年1月16日

まんまる通信より

 1月16日 まんまる通信30号より

=======================================================

畑からここのところ朝の冷え込みが厳しくなってきました。
畑においてあるシンクの氷もかなりの厚さです。
昼の穏やかな暖かさに比べると朝晩の冷え込みは身体にこたえます。
水曜からは雨の予報ですね。 12月の暖かさと雨が多かったせいでしょうか。
カブに虫が這っています。年末頃から少しずつ出始め、最近になって増えています。
虫が這ったものを出荷から外すとだいぶ数が(半分ほど)減ってしまう為、止むをえず、部分的に切ってお届けしているものもありますが何とぞご理解の程よろしくお願いします。

 日曜日に関東の有機農業者が集まる毎年恒例のサッカー大会が行われました。私達のように新しく農業を始めた同世代がたくさんいます。この集まりを見ていると今後の農業も明るいのではないかと希望が持て、そして語り合うことによって大きな励みとなります。一年ぶりに合う人の近況を聞いたり、夫婦円満の秘訣やどぶろくの作り方やヤギの乳で作ったチーズを食べたり・・・。様々な情報交換の場となりました。

| コメント (0)

2007年1月14日

有機農業者サッカー大会

毎年1月恒例の有機農業者サッカー大会が
茨城県石岡市(旧八郷町)で行われた。

早いもので私は今年で4回目の参加。
研修時代から同じ栃木県チームに入れてもらっている。

例年は農場見学、懇親会とサッカー大会がセットになった勉強でき
且つ楽しい企画なのだが、
今回は農場見学がなかったので情報交換と交流がメインだった。

埼玉県小川町、茨城県(旧八郷町)、千葉県三芳村など
関東の有機農業の先進地から多くの若い有機農業者が集まった。

貴重な情報交換の場所である。
各地では生産者グループを組織していて
自然食品店やデパート、生協などへ出荷しているそうである。

茨城県ではポケットパークドキドキという有機菜園とレストランでの畑でとれた
野菜のバイキングがかなりの盛り上がりを見せているそうである。
有機農業界の大御所が指揮をし、実質的に関わっているのは若い有機農業者だそうだ。

なんて先進的!それに比べてこの辺りでは・・・。
まぁ、嘆いても仕方がない。
私は自分のすることをするだけだ。

| コメント (2)

2007年1月 8日

事務仕事

年間の野菜出荷予定表を作成。

どのような表かというと、縦に野菜の項目、横に月と週が書いてあり、
出荷予定なら〇というような形だ。
例えば、1月の3週目はと表を縦に見ていき、表に〇がついているものをおっていくと野菜のセットになる。

予てから一部の野菜セットを届けている人に言われていた
「次にどんな野菜が入ってくるのか知りたい」と。

そのたびに私は「季節ごとに旬の野菜をお届けします。」
または「しばらくお付き合いいただければわかっていただけるかと思います。」

とかわしてきた。

しかし、その年毎に気象が違い、昨年と同じように栽培してもおなじようにはできないのは承知でこのような表を作り、野菜を届けている人に渡すことを決めたのだ。

この表のねらいは以下のことをしってもらうことにある。

野菜の旬を知ってもらうこと。
野菜セットの内容をイメージしてもらうこと
そして、
たくさん作っている品目があるが全てにおいて計画通りに栽培することはできないこと。

有機農業というと自然まかせというイメージが強い。

「今年は雨が多くて・・・。虫が多くて・・・。」と
それを言い訳のように使ってしまいがちなところもある。

この出荷予定表は
●栽培にかんして一つの目安ができたこと。
(例えば、「何月から何月まで~~を出荷します」ということは、~~を何本いつ植えるという計画が立つ)
●なるべく予定表の通りに出荷しようとすることで栽培について責任の度合いが増す。

この2つの点で私にとってもプラスに働くような気がする。

昨年はジャガイモをのぞいて
ほぼ全ての野菜がうまくできたが今年はうまくいくだろうか。

作った私でさえ、すべて表どおりにいくとは考えていない。
しかし、そのことで食べてくれる人との会話が生まれれば
それはとてもいいことだと思う。

| コメント (2)

2007年1月 6日

干し芋天国

数日前にブログにも書いた『干し芋』が完成した。
調べたところによると、2~3日干せば完成とのことだったが、1週間くらいかかってしまった。

雨が降ったり、鳥などに食べられることを恐れ、ビニールハウスで干していたのだが、現在ハウスの中ではボカシ(米ぬか、モミガラ燻炭、鶏糞に水を混ぜ発酵させた肥料)作っている真っ最中。ハウス内はその発酵熱(ついでに納豆のような臭いも)でかなりモワッとしている。つまり、干し芋作りにはあまり良い環境ではなかったのだ・・・

しかし、時間がかかりはしたものの、おいしい干し芋ができた。
市販のものは、一袋にほんの少ししか入っていないうえに、結構いい値段。
幼い頃から干し芋が大好きで、好きなだけ食べるのがユメデシタ・・・

作り方をご紹介
①サツマイモの皮を剥き、5mmくらいの厚さにスライスする。
②①を一晩水にさらし、ふかす。
③日当たりと風通しの良いところで、1日数回裏返しながら2~3日干す。

干し芋ファンは多いらしく、周囲の期待もかなり高かったので、何回かに分けて作って、野菜セットに入れたりもしたいなぁ。(智)

| コメント (2)

2007年1月 5日

ほうれん草

午前中、長芋、ゴボウの収穫。
午後、ハモノレンソウ、大根、カブ、人参、ネギの収穫。

ほうれん草は今回からしばらくは包丁で根っこを切っての出荷。
寒くなると葉が地べたに張っている、抜こうとすると葉を折ってしまう為。

Photo_160

| コメント (0)

2007年1月 3日

寝正月


昨晩から頭が痛い。だるい。
気が抜けていたせいか、どうやら風邪を引いてしまったらしい。
今日は研修時代の仲間と海にいって美味い魚でも食べたいと思っていたのだが・・・・。
年に一回の楽しみだったが、残念。今回は中止にしてもらった。

秋の頃から楽しみにしていたのだが、もし行けても向こうで楽しめないのなら仕方がないではないか。
今日は1日寝ていた。
まさに寝正月。

| コメント (0)

2007年1月 2日

1月2日


昨日からうすうす感じていたことなのだが、体が動かない・・・・。
足と腰が痛くてたまらないのである。

それを父と兄に話す2人とも自慢げに俺はぜんぜんいたくないという。
普段から体を使う仕事をしているのにまったく情けない限りだと自分でも思う。

とにかく体が痛いので何も出来ず。昨晩の飲み会と夜更かしも効いたな・・・・。
これぞ、ほんとの寝正月。買い物に出かけた以外は何もせず。

| コメント (0)

2007年1月 1日

正月ウォーク

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

正月の出来事を少々。

兄には最近、健康ブームが来ているそうで、
スケジュールを立てて計画的にランニングをしているようである。
そのせいで体重が結構減ったとか、着れなくなっていた服がまた着れるようになったと大そう喜んでいた。

そんな兄が大晦日の格闘技番組を観ながら、「明日の早朝、神社まで歩こうぜ」と言い出した。30㌔ぐらい走って(歩いて)みたいそうである。

同じく山登りとウォーキングが趣味の父が「やろう!」とのってきた。
私も特に断る理由がなかったし、なんだか面白そうだったので参加することにした。年末年始で蓄えた脂肪も燃焼しなければならないし。

参加者は父、兄、そして私である。女性人、子供達は遅く起きておせち料理の準備をした。

朝6時半、ちょうど日の出少し前に実家を出発した。
目指した先は隣町の二宮神社。
この辺りでは有名な二宮尊徳さんの事務所兼住宅跡がある。

当然のことだろうが、道中はほとんど車がない。空気はもともといいが車の心配はない。それほど寒くなく。天気がいい。絶好のウォーキング日和だった。
歩くといってものんびり歩いたわけではない。
1時間に6キロ。結構な早足だ。
Photo_158

時には田圃を横切る

私は今まで意識して歩いたことなかったがリズミカルに足を動かすと背筋が伸び、視野が広がる。そしてかなり体が温まる。景色がゆっくりと変わっていき、空気を肌で感じることができ心地よかった。
・・・・右ひざに感じる微かな痛みに気づかないようにして歩みを進めた。

予定通り、朝10時家に到着。総歩行距離18キロの長旅だった。
普段から歩きなれていない私は終盤は足と腰がパンパン。
しかしいい汗をかけた。

シャワーのあと、毎年恒例の新年の宴を行った。
これは来年もやるのだろうか。女性陣からは不満の声が・・・。

| コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »