« レタス苗の食害ー続報② | トップページ | 近況報告から »

2007年2月19日

菜の花の蕾

明日の出荷に向けて収穫をした。
12月、1月の頃は午後から収穫を始めて、

急いで収穫をしないと日が暮れてしまっていた。

しかし最近は日が延びてきたので収穫後もゆっくりともう一仕事、フタ仕事。
今日は収穫後、ゆっくり畑を見回ると、小松菜、からし菜などのアブラナ科の一部で早くも菜の花をつけているものがあった。
アブラナ科の植物(小松菜、チンゲン菜、白菜、キャベツ、ブロッコリ、京菜など)は春になると花芽をもつ。つまり芽がでて花ができるのだ。放っておくと一面黄色の花でそれはそれはキレイだ。


写真は小松菜の菜の花。
もう少し小ぶりなものをつまんで口に入れると、なんともいえない柔らかさ、穏やかな甘さが口の中に広がった。
うまい!はやくお届けしたい。今年は暖かいので3月に入ればお届けできるかもしれない・・・。

例年、桜の頃に菜の花の黄色い花が見られるので畑の菜の花が見たい方はその頃にぜひ、お出かけください。
Photo_174


« レタス苗の食害ー続報② | トップページ | 近況報告から »

コメント

igarashii 様

コメントありがとうごいます。
「おやじのたまご」ネーミングの妙に妻共々笑いが耐えませんでした。

おやじはたまご産まないし、たまごはおやじではない(どっちかといえば子ども)、知的におもしろい。

しんじゃがの頃に試してみます。

投稿: まんまる | 2007年3月 4日 22:34

もう花が咲いているんですね。見に行きたいなあ・・・
ところで、新じゃがの収穫があったら是非、試して欲しい料理をひとつ。
直径で2センチくらいの小さな物を皮付きのまま水をかぶるくらい・砂糖・しょうゆ・味噌・ごま油。全部いっぺんに投入して水が無くなるまで煮詰める。これだけ。味付けは皮付きのまま食べるので濃い目でもOK.
テレビで皮付きのまま食べると「おやじ臭」が和らぐと言っていたので勝手にネーミング「おやじのたまご」。ところがこれ、おばあちゃんの大好物となっています(^_^)

投稿: igarashii | 2007年2月20日 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レタス苗の食害ー続報② | トップページ | 近況報告から »