« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日

友人達と一緒に。

朝から友人達と畑しごとをした。
農業ことのわからないひとと仕事をするのは新鮮でよいものだ。

いつも当たり前のようにやっていることも当然ながらはじめての人はわからない。それを伝えて納得してもらうことが楽しいのだ。

なぜ、マルチを張るか、なぜ時期をずらせて種を蒔くか、--------------。

ほとんど経験したことがなかった彼らでも、苗が健全に育っている様子は感じてもらえただろう。
畑に対する親近感。それを感じてもらうことができれば、都心からここ真岡へも足を運んでもらえるだろう。
Photo_202

穫り頃のラデッシュ。就農してから一番のでき。



| コメント (6)

2007年4月28日

豪雨

 友人が来る。連休を利用しての畑見学、そして隣町益子の陶器市も覗きたいといっている。

この友人達とは知り合ってすでに7年くらい、まったく気の置けない面々だ。わざわざ神奈川と東京から足を伸ばしてくれるというのだから、迎えるこちらも力が入る。
昼頃到着し、一休みしてから陶器市へ。
午後からあまり天気がよくないということは知っていたので、人ごみが嫌いな私にとっては好都合だ。大半の人が帰る頃を見計らって行こうとしていた。

到着後まもなくすると予報どおり、雲行きが怪しくなっきた・・・・・。
しばらくして強い風と雷を伴った雨、雨。

陶器がのせられている台の上には早々とシートが被せられ、大勢のお客さんは一斉に散り散りになってしまった。

店はほとんど閉まってしまったのでまた後日くることにした。

| コメント (0)

2007年4月26日

車くる。

 待ちに待った車がやっと来た!
「スバルサンバーディアス・クラシック」
Photo_201
動けばいいというような10万キロ以上走った車という選択肢もあった。しかし、私たちの軽トラがいつ止まってもおかしくないというような昭和の車なので、こちらは少し長く乗ろうと思い、分不相応かもしれない車に決めたのだ。
2台ともいつ止まるかわからなかったら、結構恐いから・・・。

ちょうど、この車の色はHPのトップページと同じ、淡い緑(勝手にまんまるカラーと呼んでいる)
広告を載せて宣伝にも使おうかとも考えているが・・・。

中古車の値段として一般的にはそれほど高いとはいえないのだろうけど、私達にとってはまさに清水の舞台から飛び降りるというような心境。
この車を使って配達に営業に精力的にやっていくしかないな。

| コメント (4)

2007年4月21日

益子陶器市で出店

 4月28日~5月6日まで隣り町「益子」で春の陶器市が開催されます。
本物の陶器ファンから何か面白いことありそう・・な人まで多くの人が楽しめる雑多な(ごちゃ混ぜな)感じが漂っています。それでいて、なんとなくゆる~い空気がある暖かいイベントです。

昨年春、秋に続き、まんまん農園では「草の実」というところで野菜の販売を致します。もし、益子へ来られる方がいましたら是非声をおかけください。

まんまる農園の出店予定日は4月30日、5月3日、5日、6日です。今のところ、連休の前半は天気がもちそうなので、私たちも今から楽しみにしています。
003_1

ナスの苗。大きくなりました。

| コメント (0)

2007年4月19日

サトイモ仮伏せ

天気の良くない日が続いているが合間をぬって、サトイモの仮伏せ。
この辺りの農家では「こぶし」が咲く頃に貯蔵しているサトイモを掘り出して、畑へ植え付けをするそうなのだ。

そうはいっても、芽が出る頃までに、草がたくさん生えてしまって、草だらけの中を除草しているのを良く目にする。
 研修していたところでこの方法だったが、断然「仮伏せ」の方が良いと思う。
除草の手間が一回分少なくてすむのだ。
Photo_200
写真のように並べて植えていく。この列の左側にもぎっしりサトイモがならんでいて土がかかっている。

このあと、モミガラをかけてピーマン、ナスなどの苗の潅水(みずやり)をするときに一緒に水をかけて集中的に管理してやれば、芽も早く出るし、
発芽がよくない種芋はそれをはじいてから植えればよいのだ。



| コメント (0)

2007年4月17日

ねずみ再来

蒔いたばかりの種がねずみに食べられた!
先日ズッキーニを蒔いたときから少し出ていたのだが、カボチャ、きゅうりの種が軒並み穴をほじられ、食べられている。

とてもとてもくやしい。予めネズミ捕りを仕掛けておいたのだが、全く効果がでず、それをあざ笑うかのように。蒔いたところに小さな穴・・・・・。

そして辺りには種の皮が散乱している。

今朝見たところでは、きゅうり、ズッキーニ(黄)、カボチャは全滅、ニガウリは8割ぐらいが食べられてた。

あまりに悔しいので、育苗箱が入るような大きさの金網を作った。

これでもう種が食べられませんように・・・・。
Photo_198


| コメント (0)

2007年4月15日

ウリ科種まき

今日は、きゅうり、カボチャ、ニガウリの種を蒔いた。

ニガウリの種、ある農業系の雑誌によると、ニガウリの種の外皮をペンチなどの工具で割る(ひびを入れる)と発芽が早いそうである。確かに昨年もなかなか発芽せず、どうしたものかとほじくり返した経験がある。
手にしてみるとわかるのだがニガウリの種は確かに外側が固そうである。
こうすることで種の中に水分が入り、発芽を促すという理屈だが・・・・。

ひびを入れない列も作って、結果を比べてみたい。
Photo_197



ニガウリの種。









 

| コメント (4)

2007年4月14日

月桂樹と山椒

 先日、お世話になっている宇都宮のIさんがうちの来られたときに教えてもらったことがある。庭には月桂樹(ローレル、ローリエ)の木があるのだ。
カレーや煮込み料理などに使うあれであPhoto_196る。

先日の桜の木の枝落としもこれに関連しているのだが、2台目の車の駐車スペースを確保するべく、庭の手入れをし始めた。

自分の不精を告白するようで恥かしいが、ここのところの暖かさで庭の奥の未開拓地帯の草が勢いを増してきた。
今まで近寄らなかった桜の木の根元や車庫の横にまばらに広がる植木地帯、前の家との家境地帯など少し手を入れておかないと、新しく来る車がはいりそうもない。
大家さんから庭木は一部を除いて処分してもかまわないというお許しをいただいていて、引き抜くことも検討していた。

しかし、月桂樹の木を教えていただいて香りをかいだときから、とにかく本当にその月桂樹がいとおしくなってしまった。
すっきり爽やかな香り。調べると食欲増進の効果があるのだとか・・・。

家の周りの草刈りをしていると今度は思いがけず、「山椒」(サンショウ)の木。若い葉は木の芽和えにするのにちょうどいいやわらかさだ。

家の裏にはいただいてきたシイタケの菌が打ち込んである原木。家のまわりも良く見れば自然でいっぱい。満たされた気分になった。

早く、竹の子掘りに行きたい。

| コメント (0)

2007年4月13日

桜切るバカ

庭に桜の木がある。引越してきたときからこの幹の太さが一抱えぐらいある大きな桜にかなり期待していたのだがその桜が見頃を迎えた。

大家さんからは花が葉と一緒にでる「山桜」であると聞いていた。桜といえばソメイヨシノ。「なんだソメイヨシノではないのか~」と内心がっかりしていたのだが、なにもがっかりすることはなかった。ソメイヨシノよりさらに淡いピンクの花がぽってりと全体的に丸いをおびてかわいらしい感じに咲いているのだ。

今まで桜の枝振りなどは気にも留めていなかったのだが、咲き始めると自然と目が行く。今日はどうしても気になる枝が何本かあったので、それらをノコギリで切ってしまった。

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」という言葉があるが本来桜はあまり剪定などしないらしい。

すっきりした桜の木、そして部屋には切った枝を花瓶に活けて、部屋の中も華やいでいる。

| コメント (0)

2007年4月12日

セカンドカー

 中古車を探している。いわゆる「軽ワゴン」というタイプの車である。

現在、まんまる農園の車は昭和62年製のクリーム色の軽トラ一台である。
彼のことも結構気に入っているが、60キロを超えると苦しそうな音を出すこと、それから、
仕事もお出かけも、これ一台。最近はお出かけの用の洋服も軽トラに乗っただけで汚れるというなんとも悲しい有様なのだ。
 仕事柄、妻と二人で雨の日に買い物などの用足しに出かけることが多いのだが、荷物が多くなると、どれか優先順位の低いものを荷台にのせ、残りのものを助手席で前が見えないほど抱えるという状態だ。

今後の野菜セットの配達も視野に入れての購入を検討している。
あまり車を買ったことがないのだが、中古車情報誌で情報収集。年式、走行距離、予算から欲しい車を絞り込んでいく。
先日は気に入った車の試乗までしてきた。

あっさりというかなんと言うか、近日中に納車予定。納車後に自己満足ながらブログに掲載したいと思う。

| コメント (0)

2007年4月11日

最近の畑

 ここのところ、昼間は天気がいいが夕方から曇り始め、雨、時には雹交じりの嵐になるという天気が続いている。雷もすごく多く、とにかく、仕事がはかどらない。5月に収穫を控えたタマネギが病気にかからないかと心配している。

先日、播種したトマトは一部ねずみにかじられたものの、ネズミ捕りが功を奏し大きな被害にはならなかった。来週にはポットに移植予定。


一方畑の方では、乾燥、そして寒さの影響を受け、一回目のブロッコリがほぼ全滅した。「改めていつ定植するか」という決定を慎重にしなければと思い知らされた。キャベツ、ブロッコリ、2回目は順調に生育しており。キャベツは5月初旬、ブロッコリは5月中旬頃から収穫ができそうだ。

現在、野菜セットは種類が少なく、一時的に1500円でお届けしている。種類が少ないということを通して、野菜の端境期があるということをご理解いただくことになったのではないかと思う。(もちろん、その時期でも貯蔵をうまくすればセットを維持することは可能であり、今年はそれができなかった)



来週からは葉タマネギ、サニーレタスが出荷できそうで、セットのボリュームも増えそうである。
Photo_195

少し前のキャベツ現時点はもう少し大きいです。

| コメント (0)

2007年4月 9日

カブトムシの幼虫後日談

 カブトムシの幼虫を飼育している。飼育しているというよりは飼う事になったという方が正解かもしれない。
 こちら←

先日、Eメールでカブトムシを分けてほしいとの連絡が入り、今日はその方々が取りに来てくれた。

彼らは環境系の組織で板橋区の昆虫公園というところで昆虫の飼育を子供達に向けて展示、指導するそうなのである。もちろん昆虫には詳しいらしい。

昆虫に対する真摯な姿勢が伝わってきて、こちらも協力したいという気持ちにさせられた。うちの農園の紹介もしてくださるとくことでなんともありがたいことだ。

お土産にリポビタンゴールドを買って来てくれたところにはさすがに苦笑いするしかなかったが・・・。

彼らにカブトムシの飼育の仕方を聞いた。何匹かえるのか・・・。

彼らから聞いたうまく返すコツ「あまりかまわず、いじらずにそっとしておくこと」
ほしい方はご連絡を。

| コメント (3)

2007年4月 8日

ローダーフロント

 先日、ネットオークションで買った中古の「フロントローダー」を秋田まで取りに行った話をブログで書いた。今日、農機具屋からトラクターへの取り付けが終わったと連絡が入ったので取りにいった。
・・・でかい、明らかにでかすぎる。調子は良いそうなので無駄金を使うようなことにならなかったので一安心。

今後はこれを使って堆肥作りに力を入れていきたいと思っている。
その前に堆肥舎と農機具を入れる納屋の建設が先だなぁ。



Photo_193


ひとまずどこへ置いておこうか・・・
えっ、「それ考えてから買え」って?
おっしゃる通り!

| コメント (2)

2007年4月 6日

ネギの定植

 先日の株ネギに続いて今日は晩夏から秋にとれる一本ネギを畑に定植した。このネギ。種を蒔いたのは昨年の11月だから今月で4ヶ月目。
今日は1ベット6列に蒔いてあった苗を畑から抜き、列の間を90cmにして別の畑に植え替えるという仕事をした。

このように列の間隔をあけることで十分に土寄せすることが、白い部分の長い鍋に良く使われるようなネギができるわけである。

冬越ししていたのでそれほど大きくなってはいなかったのだが、地中にあった根の部分を見て何とも頼もしい気分になってしまった。
Photo_192

ネギは栽培期間の長い野菜。その分食べられる期間もながいのだ。昨年同様十分な量を作付した。



ネギ苗、妻は長い根を見て美味しそうと言います。

先日、妻が書いたブログで「ギックリ腰」になったというものがありました。何名かの方から励ましのお言葉をいただき、ありがとうございました。お陰様で今は元気に仕事をしております。

| コメント (0)

2007年4月 5日

花見に・・

 昨年は仕事一辺倒で花見に出かける余裕すらなかった。おかげで妻には「去年は花見に行っていないから今年は最低数回は行く」というように約束をとりつけられてしまっていた。

私自身、桜は嫌いではないのだが、なにしろ人ごみが苦手なのである。それから花見の時期って風が吹いて結構寒いときがあるのだ。

「天気の良い平日に弁当をもって」ということで市内の花見スポットへ出かける。

おにぎりを食べながら桜を見る。風で花びらが散っている。なんとも風情のある景色。こんな贅沢ができるものこの仕事をしていればこそなのかもしれない。

桜並木道を歩いている人は上を向いて半笑い。わかる、わかるなぁ。その気持ち。
Photo_191

ためしに収穫したタマネギ。「葉タマネギ」として
そろそろ出荷できそうだ。

| コメント (0)

2007年4月 4日

ネギの植付け


秋冬を出荷していたネギが「とうだち」(葱坊主がでること、一定以上の寒さにあった後は、生殖成長に切り替わる。次代へ種を残す植物の生理。)
し始め、すでに坊主がでているものも多くある。

先日からとうだちの遅い株ネギを出荷し始めた。

この株ネギはお世話になっているI さんからいただいたもので、一本が二本、二本が四本というように分かれて増えていくタイプのネギである。

昨年2月にいただいて植えてから、今まで除草以外は管理はしていないのに、元気に育った。
今日は来年の今頃に向けて、大きくなった株ネギを一本一本にわけ、植え替える仕事をした。

それにしても植え替えれば、どんどん増える「株ネギ」ってすばらしい。こういう野菜を育てていると来年の今頃も「食べものがある」という漠然とした安心感がわいてくる。

Photo_190
「春色サラダうどん」
菜の花、ルッコラ、ラデッシュ
色鮮やかなうどんです。
ここのところ少し寒いですが・・・。

| コメント (0)

2007年4月 3日

トマト播種

 トマトの種まきをした。昨年と同じ「ホーム桃太郎」と新しく中球トマトの「フルティカ」、調理用トマトのエスクックトールを試してみる。

昨年はビギナーズラックというかなんと言うか、大豊作であった。
トマトピューレを作ったり、冷凍にしたりと最近まで楽しめるほどとれたのだ。

それだけに今年はかなりのプレッシャーだ。うまくできるのか。自分なりのポイントは抑えているつもりだが、実際はどうなんだろう。(家族からのプレッシャーも相当のもの)

今年は真価がとわれるトマトとなりそうだ。

今年は雨よけハウスに加え、露地トマトにも力を入れてみよう。

今年もたくさんとれてしまったらどうしよう。

様々な期待が膨らむ種まきであった。

Photo_189

大根の花
白に薄紫のキレイな花です。

| コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »