« 桜切るバカ | トップページ | ウリ科種まき »

2007年4月14日

月桂樹と山椒

 先日、お世話になっている宇都宮のIさんがうちの来られたときに教えてもらったことがある。庭には月桂樹(ローレル、ローリエ)の木があるのだ。
カレーや煮込み料理などに使うあれであPhoto_196る。

先日の桜の木の枝落としもこれに関連しているのだが、2台目の車の駐車スペースを確保するべく、庭の手入れをし始めた。

自分の不精を告白するようで恥かしいが、ここのところの暖かさで庭の奥の未開拓地帯の草が勢いを増してきた。
今まで近寄らなかった桜の木の根元や車庫の横にまばらに広がる植木地帯、前の家との家境地帯など少し手を入れておかないと、新しく来る車がはいりそうもない。
大家さんから庭木は一部を除いて処分してもかまわないというお許しをいただいていて、引き抜くことも検討していた。

しかし、月桂樹の木を教えていただいて香りをかいだときから、とにかく本当にその月桂樹がいとおしくなってしまった。
すっきり爽やかな香り。調べると食欲増進の効果があるのだとか・・・。

家の周りの草刈りをしていると今度は思いがけず、「山椒」(サンショウ)の木。若い葉は木の芽和えにするのにちょうどいいやわらかさだ。

家の裏にはいただいてきたシイタケの菌が打ち込んである原木。家のまわりも良く見れば自然でいっぱい。満たされた気分になった。

早く、竹の子掘りに行きたい。


« 桜切るバカ | トップページ | ウリ科種まき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜切るバカ | トップページ | ウリ科種まき »