« 無添加の自家製ハチミツ | トップページ | 真岡ウィンドオーケストラ定期演奏会 »

2007年5月31日

温床解体

 2月初めから5月中頃まで苗を自然の発酵熱で温めてきた「踏み込み温床」。
今日は「曇り一時雨」の涼しい天気を見計らって、その解体作業をした。
今年は昨年とは違い、枠をワラで作った(昨年は畳)。そのせいか、温度も順調に上がり、十分な働きをしてくれた。
においも昨年と違う、昨年は側溝にたまった落ち葉のようだったが、ことしは十分に熟成されたようで微妙だが発酵臭がする。
まぁ、でもそんなにいいにおいではないが・・。

 昨年はマンノウ鍬で崩し、それをコンテナへ入れ、一輪車で運ぶ永遠とも思えるようなやり方をしてたが、今年は先日購入したフロントローダーが大活躍。予想にはんし、午前中時間を残して終えることができた。

Photo_212




この落ち葉、鶏糞、米ぬかが混じったものは積んでおくと、徐々に分解し、来年以降の苗を育てるときに使えるのである。


« 無添加の自家製ハチミツ | トップページ | 真岡ウィンドオーケストラ定期演奏会 »

コメント

おそくなったけど その間 夕食にスナップ
えんどうでました。
おいしかったんで 感想かきました。

投稿: maruニー | 2007年6月 9日 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無添加の自家製ハチミツ | トップページ | 真岡ウィンドオーケストラ定期演奏会 »