« バベル | トップページ | 温床解体 »

2007年5月29日

無添加の自家製ハチミツ

隣町益子におもしろい方がいる。知り合いからは「養蜂家」と呼ばれている。

趣味の延長(商売にしていないという意味で)で養蜂を始め、今では小学生に養蜂のことを授業で教えることもあるのだとか。

この方はもともと父と同じ会社でご夫人と母も相当仲がよいようである。
昔から広く家庭菜園をやっておられ、子供の頃からジャガイモ掘りをさせてもらったりしていたことをよく覚えている。

いわば私の農業原体験とも言うべきもの。

この方は今年の春作をまったく作付けしていなかったようで、野菜が無いそうなのだ。多めに取れている野菜を持っていった
ところ大変喜んでくれた。

素敵な益子焼の
器とハチミツまで頂いてしまった―----。
無添加のハチミツ。混ぜ物ハチミツが多い中、とてもとても魅力的。

スプーンですくってなめてみると、(うそではなく)ミツバチがせわしなく飛び回っている風景が浮かんできた。
妻はレンゲの花畑が見えたという。
Photo_211

うまい~~。

こういう「縁」のありがたさに触れたときは、何ものにも変えがたいうれしさを感じる。


« バベル | トップページ | 温床解体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バベル | トップページ | 温床解体 »