« テレビ出演 | トップページ | 撮影日 »

2007年9月 1日

農業試験場公開ディ

たまには、最先端の技術を見ておくのもいいものかなぁということで、「農業試験場公開ディ」というイベントが行われている県の農業試験場がある宇都宮北部までいってきた。

001_2

 会場では、研究発表のほかに、繭を使ったクラフトやカボチャ釣り、クイズ大会など子供たちも楽しめるないようになっていた。

栃木の主力生産物であるイチゴや梨についての省力化技術やバイオマス研究発表、新しい品種の研究もあり、大勢の人たち(年齢層は高め)があつまっていた。
随所に相談所のようなテーブルが置かれ、農業の話題に花が咲いている。

もちろん研究を仕事としている職員達なので、わからないは何でも聞こうということだろう。私もいい機会だから尋ねてみた。
011



 例えばナス。しばらく前から、ヘタが白くなる症状が出ていた、白くなっている株は茎の白い、なすの尻の部分も白く固くなっている。初めは2~3本ぐらいだったが現在は6~7本。大きな被害ではないが気になるといえば気になる。得体が知れないのが恐い。

野菜の部署で職員に聞くと、あっさり「チャノホコリダニ」ですね~。と教えてくれた。
こんな感じじゃないですか?と写真まで見せてくれた。「そうそうこれこれこれです」となんとすっきりしたことか。

ちょっと待ってくださいといって農薬便覧を開き始めた。(うー、困ったなぁ~、断るわけにもいかないし・・・・、始めに無農薬で作っているといったのになぁ・・・)


聞き覚えのないカタカナをさらさら書いたかと思うと、「あまり強い虫ではないので早めに薬をかけておけば、すぐ治りますよ。無農薬といっても一回くらいはかけないとねぇ。」とのことだった。

あまりも手早かったので多くは語れず「・・・そ、そうですか」といってその場を去るのが精一杯だった。家に帰って早速メモはゴミ箱いきにしてやった。
あの場で議論しても仕方ないしなぁ。

農薬ありきの世界、それが当たり前の世界。

いつか、無農薬が当たり前の時代が来るようにがんばろう!!

試食で食べえた梨は美味しかったが、
美味しかったからこそ、考えることも多かった。
017






« テレビ出演 | トップページ | 撮影日 »

コメント

igarashii 様

こんばんは、コメントありがとうございました。
世間では、農薬は当然のようです。

農薬をかけないと言うと「は~、たいしたもんだね~」と必ず言われます。なんなのでしょうか。
除草剤で赤く枯れ上がった畑を見ると気味が悪くて仕方ありません。

それから漬物のレシピありがとうございました。
うちではもうきゅうりがかなり少なくなってきているので、漬けるのは来年になりそうです。(涙)

投稿: まんまる(夫) | 2007年9月 5日 23:05

農薬は普通なのね・・・と改めて実感する内容でした。
先日、新潟の親戚宅へ震災見舞いに行ったとき、野菜つくりの話のおりに、「なすの皮が硬い・きゅうりのお尻の方が妙に膨らんで不恰好になる」と話したら「追肥が足りない」と教えてもらいました。
何でも聞いて見るもんだなと勉強になりました。
そして、きゅうりのからし漬けの作り方も教わりました。
材料は粉からし 15グラム 砂糖 165グラム 塩65グラム
これをビニール袋でよく混ぜて、きゅうり適宜をつけこめばok。
私はちょっと甘いように感じたので砂糖を減らして作って見ました。

投稿: igarashii | 2007年9月 5日 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビ出演 | トップページ | 撮影日 »