« ハウス完成間近!! | トップページ | 春作の準備開始 »

2008年1月17日

廃ビニール処理

明日の出荷の日を控え、今日は朝から収穫をする。
この時期、誰もおらず、一面耕しただけの茶色い田畑が見えるのは寂しい限りだが、遠くを仰ぎ見ると、すっぽりと雪をかぶった「男体山」「那須連山」が浮かび上がっている


この時期ならではの「絶景」を独り占め・・・とお茶を飲みながら勝手に思っている。収穫をしながら気になったのは、
廃ビニールを山と詰んだ軽トラックが行きかう光景。
皆、同じ方向に向かっていく。

しばらく考えて思ったのだが、今日は市で行っている年に一度の廃ビニールの回収の日らしいのだ。知り合いのイチゴ農家から使い終わったビニール(それでもまだ十分に使えるもの)を分けてもらいので、ほとんど買うことはないのだが、台風で破けたり、泥だらけになって使うのを諦めたり。当農園にも廃ビニールは結構あるのだ。
JAの組合員にしか連絡がいかないのが腑に落ちないが急いでかけつけた。

入口でトラックの計量、その重さによって、
廃ビニールの積載量を計算し、金額を出す。
今年は3240円、昨年の約半分の金額だ。

受付でこのビニールの行き先を聞くと、小さく切って燃料に変わるとのこと。
「リサイクルです」と明るく言っていた。なんか一言で片付けようとする辺りがちょっと気になるのだが・・・・。


それが本当であれば、多くの農家も私も循環に貢献したことになるのだろうか。
当農園ではこの金額を出来るだけ抑えるようにしたいと思う。
Photo

大きいトラックに何台分も積みなおされていた。


« ハウス完成間近!! | トップページ | 春作の準備開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハウス完成間近!! | トップページ | 春作の準備開始 »