« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日

食育とは??

 先日、市内の中学生に対して、国際協力(海外経験)の講話をしてくれないかとの依頼があり、市内で一番大きい中学校へと足を運んだ。
中学、高校時代の友人が先生をしている学校でもあり、楽しみにしていった。


 私が青年海外協力隊(エクアドルに赴任していた。)から帰国したのは5年ほど前だ。その後にあった2年間の農業研修時代のインパクトもすごかったので、正直、隊員時代のことは忘れていることが多いのだが、今までに何度か同じような講演の機会を持ったことがあったので、スライドの資料を使いなんとか終えることができた。

終了後、ある先生とお話をする時間があった。
私は普段から気になっている子供達の食育について先生に聞いたのだ。
現在の食育の体制、内容について・・・・。
現在、市内21小中学校に対して栄養職員という人が一名、巡回して指導しているという。栄養士の資格をもった教員だそうだ。内容はというと栄養指導が中心とのこと。

ちょっと話を聞いただけなので、はっきりしたことはいえないのだが、先生の話し振りからすると「食育=栄養指導」と考えているのかもしれないと感じられ、なんとも心配になってしまった。

食べることが、栄養素の摂取だけなら、点滴さえ打っていればよい話である。
食べるということは生きる上で呼吸と同じくらい大切なこと。食べるために生きるのではないけれど、食べなければ生きていけない。
食べ物が自分の口に入るまでに作物がどのように育ち、調理されるのか。どういう食べ物を食べれば体のためにいいのか。

そして、食べ物を食べるときの環境。一人で食べるより、みんなで食べるときの方がなぜ楽しいのか。そんな一家団欒の中心にもなる食について考える機会というものが「食育」ではないだろうか。

ある人から聞いた話だが、食という字は「人を良くする」と書くのだそうだ。
なるほど・・・。人を良くするためのものが食だという。

その人は以前、教育関係の仕事をしていた。その時、子供達があまりに機械的に見えてしまい、何か食に原因があるのはないかと、もともと親がやっていた食の世界に飛び込んだという。

いつか、「百姓」という立場で子供達に

「食と農」について話してみたいものである。

Photo
美しいラディッシュ
(ラディッシュだけがなぜか豊作)

| コメント (1)

2008年4月23日

菜の花祭り

お久しぶりのまんまる(妻)です。
毎年苦しむ春の端境期(冬野菜から春野菜に移行する間の野菜が少なくなる時期)。
例年ならもう抜け出している時期なのに、今年は4月に入って雨が多かったせいか、春野菜の生育が遅れています。

その影響は、当然我が家の食卓にも及ぶわけで・・・
出荷の際の選別で残念ながら落選し、自家用となった野菜で食いつないでいます。
芽が出てしなしなのジャガイモ、腕くらいの太さのゴボウ・・・これが交互に出て、唯一たくさん採れている菜の花は毎食登場。

毎日、同じ野菜でいかにマンネリにならずに料理するか。
かなり頭を悩ましています。

でもこの菜の花、どんな料理にも合ってかなり重宝しています。
おひたし、サラダ、煮びたし、味噌汁、炒め物、和え物、焼きそば、パスタ、グラタン・・・この端境期でかなりレパートリーも増えました


そんな中、地主さんから掘りたてのタケノコをいただきました!
買うと高いし、農業をやっているとどうも農産物って買う気がしない。
毎年「誰かくれないかな~」と思いつつ(笑)、なかなか我が家にやってくることのなかったタケノコ。それが大きいのが4本も!!
早速今晩、定番の煮物にしておいしくいただきました。
しばらく楽しめそうです。

本当に春のやわらかい葉モノが待ち遠しいです。
そして、こんな時期も私たちの野菜とお付き合いくださる会員の皆さんに感謝です。


Photo
我が家の救世主

| コメント (6)

2008年4月20日

静かな日曜

4月に入ってからというもの天候不順の日々が続いている。
端境期に入り、早く抜け出したいと思っている身としては恨めしい天気なのだ。

新しい野菜をどんどん取りたいのだが、焦って小さいうちに収穫するといつまでたっても、十分な量にならない、まさに負のスパイラルにはまっている。

金曜日は大雨、土曜日は大風と散々な日が続いたが、
今日はなんとか天気が落ち着いている。
里芋の仮伏せをおこなった。今年は少なかった昨年を反省して2割り増しに。
少し離れたジャガイモ畑に行ってみると、ジャガイモの芽が発芽している。

草が出ないうちに土寄せ。
こうして、ひとりの日曜日は静かに過ぎていった。Photo


ジャガ芋発芽した~

| コメント (0)

2008年4月16日

農業続けています!

しばらく更新を怠っていたら、知り合いの知り合いから、「もう農業をやめちゃったのですか??」という問い合わせがあったそうだ。

現在は出荷できる野菜は少ないですが、農業は続けています。

最後の更新をした3月中旬から今までの間に、桜が咲き、菜の花が咲き、桜が散り、雨がたくさん降った。ビニールハウス内での夏野菜の育苗が始まり、畑では3月に植えたキャベツ、ブロッこりがすくすくと育っている。

これからは畑がめまぐるしく変わっていく季節。
日が長くなった分、畑にいる時間も多くなるので、日々の季節の変化、天候の変化、野菜の変化を敏感に感じながら感受性豊かに畑仕事をしよう。

そして、あせらずに、更新を続けていこうと思う。

Photo

雨に後にぐっと大きくなったキャベツ

| コメント (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »