« 六ヶ所村ラプソディー | トップページ | マメ知識 »

2008年5月29日

田圃は・・・

 まんまる夫です。

最近は夏野菜の定植がおわり、里芋の植付けが終わり、サツマイモの定植が始まったところである。

妻の書いてくれたブログの記事にもあったように、先週まんまる農園初の田植えが無事終わり、今は水を管理しながら、除草のタイミングを今か今かと見計らっているところである。

そこで、田植えを通しての私の雑感を列挙してみようと思う。

 ○田圃は楽しいー田圃に関しては全くの素人と言ってもよい状態で、いろいろなことが新鮮で楽しいのである。田圃に入る瞬間はウキウキする。太陽の光によって、暖められた田圃の水に足を入れるとなぜか優しい気持ちになれるのだ。(ちぃとクサイか~)

 ○田圃は難しいーはじめて借りる田圃、水持ちなどの田圃の癖がまだわかっていないせいで、管理に苦労している。また、苗を枯らせてしまうという波乱万丈の一年目となった。

 ○田圃は・・・  ー先日、補植(うまく植わっていないところの植えなおし)をしていたら、近所の人とすれ違った。今では補植をする農家はほとんどないのだという。田植え機の性能が向上したおかげで植え損じることはすくないから、それからもうひとつの大きな要因は生産調整(減反)をしている(させられている)為、単位面積辺りの収量がほんの少し少なくなってもなんの問題もないからだ。
昔、GW後の学校の行き帰りで見たのは、ひろーい田圃に緑の小さな苗が規則正しく植えられていて、その中を腰にかごをつけた農家のおじちゃん、おばちゃんが腰を曲げて、補植をしている姿である。
その姿が見られなくなってしまったのはなんとなく寂しい気がする。

 無農薬の稲作りではとにかく除草が大変だという、もしかしたら楽しいといっていられるのは今だけかもしれない。また、多くの農家が燃料の高騰、減反政策で米だけでは生計が立てられないと嘆き、米作りをやめていく現状の中で、人から借りた田圃で、人から分けていただいた苗で、人から借りた田植え機で田植えを終え、「楽しい楽しい」と騒いでいる私は既存の農家にしたら、きっと愚かに見えるだろう。

しかし、百姓をしていながら、現在まで人の作った米を食べていたことになんとなく後ろめたさを感じていた私としては米を作ること自体が嬉しいのだ。
 
近所の農家の疎ましさと
危なっかしさの混じった視線に気が付かない振りをして、今後も米作りを続けていこう。
秋に自分の作った米を食べる自分を想像しながらの田圃仕事は楽しくて仕方がないのだ。


« 六ヶ所村ラプソディー | トップページ | マメ知識 »

コメント

どうも、うえむらです。
お米作りも始めたんだね~。
このまえ友部の田植えが、実は初めてで、
やっぱり自分で植えると気になるね。

この前話したとおり、いずれ遊びに行くので
よろしくね~。

投稿: うえむら | 2008年6月 1日 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六ヶ所村ラプソディー | トップページ | マメ知識 »