« マメ知識 | トップページ | 有機大豆講習会 »

2008年6月 9日

田圃の生き物調査

 田圃の生き物調査の講習会があるというので、隣町益子町のさらに隣の茂木町へと足を運んだ。環境系のNGO「オリザネット」というところと、「茂木町有機の会」の共同のイベントである。

最近は「田圃の生き物調査」ということをよく耳にしていたのだが、実際行う場合、何をどう見ればよいのか、さっぱり見当がつかないでいたのだ。特に今年から田圃を始めた私は、実際にはこの言葉を耳にしてはいたのだが、さらっと流していたのだろう。

田圃の生き物調査の目的はこうだ。

①農村における生物多様性の向上
②農作物への病虫害、野草による農作物被害の最小化の一助となるよう
田圃及び周辺の生き物の状況を把握する技術を習得する
(当日資料より抜粋)

資料には続けてこう書いてある。
ステップ1~3があり、ステップ1を一年間で4回の連続講座で行う。
稲の生育のそれぞれのステージで(その時期の気候などで)現れる生物が変わってくるので、初年度はまず、それがいたか、いないか、主観的に多かった、まあままあか、少ないかで判断するという。

これならなんとか出来そう。
生き物調査というと、網をもって田圃を駆け回り、カウンターと虫めがねをもってカチカチ数えるイメージだったので・・・。

特徴を書き込んである写真見本を配ってくれて、
とてもわかりやすい講義だった。

「それではまず、わかりやすいところでカエルから捕まえてみましょう。」
と言われみんながカエルを求めて田圃の周りに散るのだが、カエルを追い駆ける瞬間は童心を思い起こさせるものだった。

よく見られる生き物を何種類かピックアップしてあり、それを自分の田圃で探せばいいというわけだ。

田植えから2週間以上が経過している我が田圃。除草もしなければならないのだが、生き物調査もさっそくやって見なければ。


« マメ知識 | トップページ | 有機大豆講習会 »

コメント

あら、そらつちさん、こんなところで会えるとはビックリです。
まんまる農園、しばらく更新されないなーと、
パッとページを開いては、
すぐに別のところに行ってしまっていたので、
気がつきませんでした。

おたがい忙しいですね。
第2子誕生予定ですか! おめでとうございます!
うちもそろそろ3人目がほしいなー。

まんまるさんのページをお借りして世間話してすみません。
まんまる(妻)さんと赤ちゃんにも会いたいなー。

投稿: ジャイコ | 2008年7月30日 14:15

まんまるさん。こんばんは。
茂木町の「そらつち農園」です。
皆さんお元気ですか。


田んぼの生き物調査はお疲れ様でした。
その後、アカガエルを確認しました。


ジャイコさま
マジですか!!
2週間ペースで
田転がしを2回転がせばいいんですね!
早急に2回目入ります~。
でもザリガニが頻繁に穴を開けるので
いつも水位が浅いのデスが。。。


あっ!この場でなんですが
第2子が宿っちゃいました。
1月8日が予定日です。


う~。
今年も父ちゃんハードだなぁ~~~。

投稿: そらつち | 2008年6月19日 23:16

わが家も行きたかったのですが、
その日は用がありいけませんでした。
いつもお世話になっているオリザネットさん、
無類の田んぼの生き物好きの方たちですね。
次回は参加したいと思います。

そうそう、田んぼの除草は、
田植えから2週間以内に一回、
さらにまた2週間以内にもう一回、
除草機を押しておくと(有機農業的に)ほとんど草がはえませんよー。

投稿: ジャイコ | 2008年6月12日 12:44

かえるの 大合唱が聞こえてくるのも
あと少しだねえ・・・
除草しないと あの 緑色のヤツが どば~っと
はびこるんだね。

投稿: igarashi | 2008年6月11日 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マメ知識 | トップページ | 有機大豆講習会 »