« 温床枠 | トップページ | 温床やっと踏み込む »

2009年1月28日

イチゴ摘みへ

家から車で5分のところに、観光イチゴ園があります。簡単に言えば、いくらか払って、イチゴを食べ放題できるビニールハウス群です。

今日は千葉から親戚が来ていたので、みんな一緒に行ってきました。
私は生まれも育ちも、栃木県真岡市。日本一のイチゴの産地、お隣の二宮町は来年から市町村合併で真岡市になります。

いわば、イチゴのエリートのようなものです。(ちょっと意味不明ですが・・。)
そんないい歳をした私が、観光イチゴ園に足を運び、一生懸命赤いイチゴを探しては口に入れている姿は結構恥ずかしいものがあると思っていました。
ビニールハウスに入るまでは・・・。

食べ始めるとあっという間にお腹がいっぱいになり、イチゴの偉大さをあらためて感じてしまいました。
(いけない、本来この商業一辺倒のイチゴ産業に一石を投じなければならない立場なのです。)

娘のサワも、従姉妹の娘も大満足のようでした。
持ち出しなしで、大人一人1200円。高いとみるか、安いとみるか・・・。


Photo_2
どこの農家も踏み込み温床作っているのに、こんなことしていていいのだろうか?→近々やります。


« 温床枠 | トップページ | 温床やっと踏み込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温床枠 | トップページ | 温床やっと踏み込む »