« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日

自家製 葛根湯

Photo 

まる妻です。
娘→私→夫と、次々にうつって家族みんなで風邪をひいています。
症状は喉の痛みと鼻水で、寝込むほどではないのですが、
夜なかなか寝つけなかったり、頭がボーっとしたり、
やはりそれなりに辛いものです。

そこで最近よく飲んでいるのが、葛湯。
作り方は簡単です。

水1カップに葛粉大さじ1を溶き、
ぷつぷつと透きとおってくるまで弱火にかけるだけ。
大人は生姜のすりおろし、子供には蜂蜜を加えます。

そう思って飲むからだと思いますが、
なんだか体がポカポカと温まってくる感じがします。
生姜には殺菌作用もあるのだとか。

私も夫も薬を飲むのがあまり好きではありませんが、
仕事があったり、小さい子供がいたりすると、
ひどい時はそうも言っていられず、薬に頼ってしまうこともあります。

これは薬ではないので即効性はありませんが、
薬を飲まなくても済みそうなときにはお勧めです。


もう一つ見つけたのが、面白い咳止めの方法。

こちらも非常に簡単で、半分に切った玉ねぎを
枕元に置いて寝るだけ。

夜中に咳き込んでぐずっていた娘に試してみたら、
ピタリと咳が止まって朝までグッスリ!

切り口が新しい方が効き目があるようです。
もちろん、使った玉ねぎは翌朝の朝食に。

ただ、その後娘に風邪をもらった私も試しましたが、
あまり効きませんでした。。
これは相性があるのかも。

自然の恵みを活かした昔ながらの知恵。
ちょっと知っていると、なんだか心強いですね。

| コメント (2)

2009年9月26日

休みの日の畑仕事

Photo  
仲むつまじく遊ぶ子供たち 右はきれいになったきゅうりネット

まる妻です。
今日は土曜日。
平日は保育園に行っている娘も、一緒に畑仕事です。

いたずら盛りの娘は一人にしておくと危なっかしくて、
市内に住む夫の両親が手伝いに来てくれても、
一人は完全に娘につきっきりです。

しかもこのところ、反抗期ときています。。
何か注意されても知らん顔。
私たちの気を引くために、いけないと分かってることも
わざとやったりします。(苦笑)

今日は両親もおらず、どうなることかと思いながら畑に連れて行くと、
畑のすぐ隣の家に住んでいるしゅんちゃんという
幼稚園に通っているお兄ちゃんが娘と遊んでくれて大助かり!
「しゅんちゃん様々」で、私たちはいそいそと仕事に励んだのでした。

今日の仕事は、1回目のきゅうりとインゲンの片付け。
きゅうり、インゲン、ニガウリ、へちまなどは、

アーチを等間隔で立ててネットで覆い、そこに蔓を這わせ栽培します。

このネット、高いものではないし、
一般的には収穫が終わると絡まった蔓と共に処分しますが、
まんまる農園はていねいに蔓を取って、再利用!

手間と時間はかかりますが、丈夫なものなので、
一度しか使わずに捨てるのはもったいない。

・・・と黙々と蔓取りをしていると、
途中しゅんちゃんが家に帰ってしまい、
今度は娘がネットに絡まった蔓のように
私に絡みついてきたのでした。。

こんな調子で休日の畑仕事はのんびり進んでいます。
娘の昼寝中にケーキなんか焼いたりして。
有機農業仲間のMさんからいただいた平飼い卵たっぷりの
シフォンケーキ。明日のおやつです。
(Sさんからいただいた卵で作ったときは陥没しご紹介できず。。
Sさん、Mさん、貴重な卵ありがとうございます!!)

いよいよ明日は稲刈りです!
娘がいい子でいてくれますように。。

Photo_2

| コメント (0)

2009年9月24日

ご報告

今日はまんまる農園から重要なご報告です。
就農以来探し続けていた、自分の土地と家が
ようやく見つかりました!!

場所は同じ市内で今の家から3分~5分、家の南北に畑付き、広い敷地の中には母屋と納屋。かまどのついた簡単な加工小屋もあります。東側に森があるという難点もありますが、南は田園風景とかなり理想に近い物件です。

「広い敷地、そして静かで落ち着いた周辺環境」に重点をおき、今までもいろいろな人に声をかけてきました。競売情報を気にしたり、実際に物件に足を運び、期待を膨らませては、がっかりし・・・を繰り返してきました。
しかし、今この土地に出会うまでの布石だったと思うと なんだか、ほっとするような、込み上げてくるうれしさがあります。

現在、契約を済ませ、1月の引越しに向けてリフォーム&掃除を開始したところです。

この様子もブログで取り上げていきたいと思いますので、畑の様子とは少し違いますが、おつき合い下さいませ。

Cimg0730


| コメント (0)

2009年9月23日

夏→秋

Photo

最近夫に(ブログで)押され気味のまる妻です。
たまに暑い日もありますが、空を見上げるとすっかり秋です。
朝晩は結構冷えますね。

皆さんにお届けする野菜も、徐々に夏野菜から秋野菜に移行中です。
ナス、きゅうり、オクラ、ニガウリはまだお届けしていますが、
全盛期に比べたら、数も少なく、小さく、ナスは硬くなってきています。
「旬」が終わったということですね。

そして、小松菜、チンゲン菜、ルッコラ、京菜などの葉もの野菜や、
サニーレタス、かぶなども採れ始めました。
採れ始めのかぶの、やわらかくて、みずみずしくて、なめらかで、
甘くておいしいこと!!
こちらはこれから旬の野菜です。

定期的に野菜をお届けしている皆さんは、
旬の移り変わりを目で、舌で、
感じていただいていると思います。

本来、レストランでよく出てくる
トマトときゅうりが入った生野菜のサラダが、
一年中食べられるっていうことはないはずなんですよね~。

「旬」というのは、その野菜が一番おいしい時期であると同時に、
一番作りやすい時期でもあります。
旬でない時期に作る野菜は、やはりどこかに無理がかかって、
病気が出たり、虫がついたり、そのために薬を使ったり・・・

そういう意味では、大規模な単一作物栽培の農業に負けず劣らず、
有機農業もとても合理的な農業と言えるかもしれません。

なんだか話がそれてしまいましたが、
少し前に、秋冬野菜の作付けをするため
畑でほったらかしになっていたかぼちゃを全て収穫しました。
かぼちゃは保存がきくので、毎年冬至の頃まで置いておき、
お届けします。
置いておくことで甘みも増します。

・・・はて、この場合、かぼちゃの旬は収穫する夏なのか、
おいしくなる冬なのか。。。

とにかく、今年は豊作です。

Photo

| コメント (0)

2009年9月20日

有機農家の仲間たち

ブログ熱が一時的に高まっています。
まんまる夫です。

最近は天気が良い日が続き畑仕事が捗ります。
この調子で天気がいいうちに稲刈りまで終えてしまいたいのですが、
この天気、月末までもつのでしょうか??

さて、今日は有機農家の仲間たちについてです。
私まんまる夫は栃木県にある某農業塾の元研修生です。
私自身も就農4年目の若輩者なのですが、ここ数年で新規就農した仲間たちが全国でがんばっています。一緒の時期に研修していた仲間だけでも、同じ県内や茨城、群馬、千葉、愛知、岐阜、島根・・・。
いやー結構いますね。

2年間寝食をともにし、仕事をし、かなり濃密な人間関係の中で共に学び、共に怒られた仲間たちです。みんなそれぞれにがんばっているのです。自分が就農した直後はそんなに思わなかったのですが、自分より後に出た人たちの様子を知ると励まされますね。

私も含めて全員がしっかりそれぞれの地で地道に営農していくことが出来ればよいと心から思っています。
今日各々のHPを見て周り、改めて自分もがんばろうと思ったしだいです。

久しぶりに塾長へあいさつに行こうかなぁー。





| コメント (1)

2009年9月17日

家づくり見学

連日のお天気の影響もあり、畑仕事が順調に進んでいます。
先日は9月5日に蒔いた玉ねぎの種が無事発芽しました。

今日は地元真岡を離れ、車で一時間。栃木県佐野市(旧葛生町)まで、妻、父の3人でいってきました。先輩有機農家のSさんがセルフビルドで家を建築中で、見学と勉強がてらお邪魔したのでした。

道すがら、街道から建築の様子が見えました。今建てているのは研修棟だそうですが、あまりの大きさに3人とも圧倒されました!!

今日は棟上の日。私たちが到着した10時半には2階の床部分まですでに出来上がっていました。
022 

午前中はしばし見学し、午後から参加させていただきましたが、普段の仕事と違うことをするのは、とてもよい気分転換になるものです。特に2階の梁に登った時の、見晴らしのよさと高さからくる緊張感はたまりません。


029_2

感心するのはSさんです。
自分の納得できる家を造るため、野菜の栽培を2年の予定でお休みをしています。なかなか出来ることではないなと思う反面、生き方としての有機農業を体現しているという意味で本当に素晴らしいと思っています。

自分にできるかと問いましたが、妻とも話しましたが、棟上までは大工さんにやってもらいたいなぁというのが、今日参加して思った正直なところです。

というもの熱意ともに人望がなければ、建築(セルフビルド)は出来ません。今日見たところ、役者がそろっていました。施主のSさん、大工さん、経験者の方々、ユニックを操る免許を持ったSさん弟、細かい仕事の得意なお父さん、料理を作るSさんの奥さん、子供をみるSさんお母さん・・・。
みーんながそろって初めて出来ることなんだ、となんだか関心。

早くも壁ぬり、そして完成が楽しみになってきました。(ちなみにこの研修棟の完成後、母屋を建てるそうですが、母屋は研修等の3.5倍の大きさだそうです!!)

| コメント (0)

2009年9月14日

競争社会

Photo_5   Photo_6
      
間引き前                    間引き後


こんばんは、まる妻です。

連日、秋から春先まで出荷する人参の間引きをしています。
出荷期間が長い上、春先には毎年ご好評をいただいている
ジュースになるべく畑を旅立っていく彼ら。

そのために間引きはとても大事な作業なのです。

人参は密に種を蒔いて2回間引きします。
1回目で指2本分くらいの間隔にし、
もう少し大きくなってから2回目を行い、
げんこつ1こ分くらいの間隔にします。

それなら初めからげんこつ1こ分の間隔をあけて蒔けばいいじゃん、
と思われるかもしれませんが、
人参はみんなで競わせることで、元気に、大きく育つのだそうです。
競争社会です。。なんだかかわいそうな気もしますが。

2回目の間引きの頃にはもう、
「人参葉」ではなく「ミニ人参」くらいになっていて、
間引いてしまうのはかなり心が痛むのですが、
ここで思い切りやらないと
人参同士がぶつかってしまい、
1本1本が大きくなれないのです。
また風通しが悪いと、病気や虫の原因にもなります。

あとは大量に間引いた人参を無駄にしないよう、
どう消費するか、です。
今日はポタージュと、しょう油漬けにしました。

ポタージュは、口の中で人参の香りがふわっと広がって美味でした。

Photo_7  

| コメント (2)

2009年9月11日

遅い夏休み

Cimg06331  お城・・・ではなくカモに夢中の娘

先日、6~7年ぶりに夢と魔法の王国へ行ってきました。

まだ私が「乙女」だった頃に主人と行ったのが最後でしたが、
そのときは大の人ごみ嫌いの主人のため
空いていそうな日を狙って行ったにも関わらず混んでいて、
「ここはトイレにも並ばないと入れないのか!」と腹を立てる主人を見て
もう二度と来ることはあるまい・・・と思っていました。

しかし月日は流れ彼も父親になり、あそこのキャラクターが好きな娘のため、

なんと主人から「行こう」との言葉が!人って変わるものですね。(笑)
しばらく娘をどこへも連れて行っていなかったし、遅い夏休みです。

そして娘はと言えば、
園内の池にいるカモとかすずめとか、
ハロウィンの大きいカボチャとか、
そういうものばかり喜んで見ていました。
家の近くで見れるものばかり。。さすが田舎育ち。

しかし、ショーに大好きなキャラクターがたくさん出てきたときは
大興奮していました。
良かった、良かった。

翌日の朝、きゅうりの収穫をしていて、
前日とのあまりのギャップになんだか笑えました。

あの非日常的な場所と日常とのギャップが、
都会にいたときより明らかに大きくなっています。
たまに行く都会の街並みも、私たちにとってはテーマパークのようです。



| コメント (0)

2009年9月 4日

ヒエ抜き

Photo

皆さんからのコメントに勇気づけられ、またまた更新!まる妻です。

今年で2年目のまんまる農園の米作り。
今年は冷夏で、作物への影響が心配されましたが、
まんまる農園では目立った影響はないように思います。

お米もまぁ順調。だいぶ穂が垂れてきました。
後は稲刈りを待つばかり・・・とはいかず、
稲刈り前に「ヒエ抜き」の仕事があります。。

写真で稲の間からピンピンと飛び出ているのがヒエです。
ヒエが種を落とす前に抜いておかないと、
翌年の田んぼがヒエだらけで大変なことになってしまいます。

腰の高さ以上になった稲をかき分けて田んぼに入り、
一株一株手で抜いていくのですが、
根っこがしっかり張っていて、かなり力が要ります。

田植え後しばらく水を張った状態を保つことで、
ヒエの種が死に、生えなくすることもできるようです。
しかし、うちが借りている4枚の田んぼには高低差があって、
一番高い1枚目に水が貯まりにくいため、
1枚目だけ写真のような状態に。。
今やっているのは2回目のヒエ抜きです。

でもおいしい新米を食べたら、ヒエ抜きのことなんて忘れちゃうんだろうな~



| コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »