« ヤギ 来る | トップページ | 「ゆたり」で紹介されました »

2010年4月17日

ヤギ 去る

まる妻です。

今朝は4月も半ばだというのに雪・・・
雨も多く、日照不足で野菜の価格が高騰しているようですね。
我が家の畑でも、野菜の生育の遅れが少々心配です。
価格に関しては市場に左右されないので、いつも一定ですが。

さて、先月の下旬に我が家に来たばかりのヤギ君。
お帰り願いました。(笑)
早かったな~

やはり元気過ぎて、我が家でも手に負えなくなりました。。

ずっと友好的な関係が続いていたのですが、
前回の投稿にあるように、こちらで用意していた小屋が破壊され、
柱と屋根だけの出入り自由な状態になっていました。
そこで、夜は小屋に鎖でつないでいたのですが、
ある朝主人が見に行くと、どこをどう動いたのか、
小屋の柱に鎖がグルグル巻きに絡まって身動きがとれない状態に・・・

その後、鎖を外して自由にした
(いわば恩人の)主人に何故か敵意を抱き、
主人の顔を見ては向かってくるようになってしまったのです。

小さい娘もいるし、(実は)私のお腹には赤ん坊がいるし、
気が立ったヤギ君を放しておくのは少々危険な気がし、
なんとかまた鎖をつけようとしたのですが、
主人も角でつつかれた所が大きなアザになったりして、ギブアップ。。

飼い主の方に話すと、
一般的な白い「芝ヤギ」はおとなしい性格だそうですが、
我が家に来たのは野生種で気性が荒いのだとか。
確かに、先日娘を連れて動物園に行ったときに見たヤギは
白くて、おっとりしていて、かわいかったな~

あと、去勢したり、角を切ったりしてあるかどうかも
影響してくるのでしょう。

短い期間でしたが、良い練習になりました。
それに庭の草もたくさん食べて、きれいにしてくれました。
ありがとう、ヤギ君。

赤ちゃんヤギがやって来るまでに、
今度は壊されない小屋を用意しておかねば。


« ヤギ 来る | トップページ | 「ゆたり」で紹介されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤギ 来る | トップページ | 「ゆたり」で紹介されました »