« 特別な日のおやつ | トップページ | やっと雨!・・・そして珍客 »

2010年9月 7日

干ばつ??

Photo  日陰に隠れて一日中動かないカエル

まる妻です。

雨が降りません。
ずーっと降っていません。
お盆に一度降ったきり、降っていません。

きっとこの近辺の方でも「え?そんなに降ってないっけ?」と
思われた方もいるでしょう。
私たちは、今日も降らない、また今日も・・・と、
毎日毎日、雨を待ちわびています。

畑はカラッカラに乾いていて土埃が舞い、
定植したての苗や、種を蒔いたばかりのところには
毎日水を蒔いています。

こんなことは、これまでにありませんでした。

主人と「これって干ばつって言うんじゃないの?」という話になり、
干ばつの定義を調べてみたところ、
気象や農業など、分野ごとに定義されているようですが、
農業における干ばつは「穀物生産や畜産に悪影響をもたらす降雨量の不足」。

・・・野菜は??
野菜に関して言えば、既に悪影響は出ています。

このまま雨が降らず、
近隣の農家がみんな水を汲み上げて畑に撒いていれば、
やがて地下水も枯れ、
深刻な水不足に陥るのではないか。。

そんなことを考えてしまいます。

温暖化やそれに伴う異常気象で、
いずれ世界的な水不足になり、
水を奪い合う戦争が起きるだろう、と言う人は以前からいました。

これまでは、「数十年後にそんなこともあるかもしれない」くらいに考えていましたが、
今はかなりリアリティーを持って響いてきます。

アスファルトの上を歩き、
水道をひねれば水が出てくる

という状況では「干ばつ」なんてピンとこないだろうし、
大げさに聞こえるかもしれません。

でも、やはり人間と自然は切り離せません。
人間が口にする食べ物は自然が生み出すもの。

ロシアも猛暑で小麦が不作となり、輸出を停止しました。
同じような事態が各国で起こったら、
自給率の低い日本はどうなってしまうのでしょうか。

私たちは職業柄、自然の変化に気づきやすい。
それを発信していくのも、私たちの仕事なのかな・・・と最近思っています。


« 特別な日のおやつ | トップページ | やっと雨!・・・そして珍客 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別な日のおやつ | トップページ | やっと雨!・・・そして珍客 »