« 2012年7月 | トップページ

2013年3月 8日

震災から2年。。

大変大変久しぶりの更新です。まる妻です。

震災と福島の原発事故から2年が経とうとしています。
私たちも事故直後は野菜の出荷をお休みしたり、
今もなおいろいろな影響を受けているわけですが、
その責任を東京電力に求めるのかどうか、事故後から考えていました。

現実問題として1ヶ月半のお休みは収入減にもつながり、
そしてあの手この手で原発を再稼動させようとしている動きをみて、
事故の被害がいかに広範に及び、そして甚大だったかを訴えるチャンスだと思い、
県内の有機農家数軒と一緒に声を上げることに決めました。

それがようやく一段落。
事故から半年間の期間に対する補償がされることになりました。
私たち有機農家はJAなどを通してではなく、個人のお宅との直接のやりとりのため、
出荷量や作付け量についてかなり細かく証明書類を求められ、
その書類を準備するのにも相当な時間を費やし、
一年近くかかってようやく認められました。

その過程で東電の社員が我が家にも何度も訪れ、
直接話しをする機会もあったわけですが、
私たちが味わった悔しさや、不安、怒りは本当に伝わったのでしょうか。。

日頃から、安全であることを第一に考えて作っている野菜。
それが事故により、自分たちでさえ口にするのがためらわれ、全て廃棄したこと。

私たちはあの時の気持ちが今でも忘れられないのですが、
東電の社員の一人が「うちも家庭菜園をやっているんです」と言ったので、
「事故の直後、その野菜を食べられましたか?」と聞いたら
笑顔で「はい、孫も食べました!」と。。もう呆れて言葉が出なかったなー。

補償すると言ったって、結局電気料金の値上げや税金などで補われている。
それを考えると、自分たちの選択が正しかったのか悩みます。。

だからこれを電力(東電)依存から抜け出すための何かに使いたい、
今はそんなことを考えています。
東電⇒自然エネルギーというお金の流れをつくれたらいいな、と。


環境活動家・田中優さんが実践する「オフグリッド生活」。これを目指したいな。


*Facebook「まんまる農園」ページにて日々の畑の様子をアップしています!
 ぜひそちらもご覧ください。

| コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ