2010年9月22日

アロマで虫除け

Photo

まる妻です。
本当に本当に暑かったこの夏も、
ようやく終わりをむかえそうですね。

毎日毎日暑くてうんざりしていたはずなのに、
少し肌寒い日があると、
早くも栃木の冬の寒さを思い出し、恐れている自分がいます。
・・・寒いの苦手なんです。

「暑さの終わりは、寒さの始まり」

自分では、四季のある日本の暮らしの豊かさ、
自然の厳しさを表した名言だと思うのですが、
いかがでしょうか。(笑)

さて、なんでも今年の夏は、
あまりにも暑くて蚊も繁殖を控えていたようで、
少し涼しくなった今がチャンス!とばかりに、
子孫繁栄に励んでいるのだとか。
そう言われてみると、真夏より蚊が増えた気も。。

そこで、もう季節外れかとも思ったのですが、
今年から新たに導入した、我が家の「虫(蚊)除け」について。

我が家でもこれまでは「電気蚊取り」を使っていました。
つまりは殺虫剤なんだと考えるとあまり使いたくなかったのですが、
睡眠を邪魔されるのはイヤだし、
子どもは刺されると妙に腫れるし、
第一、他に選択肢がない(と思っていた)ので使っていました。

でも最近、虫除けスプレーには、
虫が嫌う匂いのアロマオイルをブレンドしたものがいろいろと登場し、
我が家でも愛用。

そして夏も半ばになって、
芳香器(アロマランプ、アロマポットなど)で
電気蚊取りの代用ができるのでは、と気づいたのでした。

調べてみたら、虫除け用にブレンドされたオイルも結構あって、
さっそく試してみました。

1ヶ月ほど使用していますが、
かなり効果ありだと思います!

その上、心地よい香りと暖かみのある灯りで、リラックス効果も。

電気蚊取りより少々お値段は張りますが、
小さいお子さんがいるご家庭など、
試されてみてはいかがでしょうか。

上の子の夜泣きの時期にアロマが良いと聞き、
すがる思いで購入したアロマランプ。
こちらには効き目がなく、お蔵入りしていたのですが、
こんな形で活躍してくれるとは。

| コメント (2)

2010年8月23日

特別な日のおやつ

少し間があいてしまいました。まる妻です。

皆さん、お盆はどのようにすごされましたか?
主人の実家には義兄一家が、
我が家には私の兄一家が泊まりに。
それにまたまたものすごい暑さ・・ということで、
お盆中は夏野菜の収穫以外、畑仕事をお休みしました。
私たちも夏休みです。

さて、休みの日はお客さんが来たり、誰かの家におじゃましたり、
何かとお菓子を口にする機会が増えます。

でも子どもって、
へんな時間におやつを食べるとご飯が食べられなくなったり、
甘いものを食べても歯みがきを嫌がったり、
そしてお菓子には白砂糖や添加物がたっぷり入っていたり・・・

手作りのお菓子とか、安心して食べさせられるものなら
まぁいいか~と思えるのですが、そうでないものに関しては、
「もうやめなさい」とか「食べ過ぎだよ」とか、ついつい厳しくなってしまう。。

子どもが小さいうちは、栄養のことや虫歯のことを考えると、
食べる量など、親がある程度コントロールしてあげる必要があると思っています。

でも、カーテンに隠れてこっそりお菓子を食べていたり、
人の家でお菓子を出されたときに、
ここぞとばかりに食べている様子をみると(笑)、
ちょっと厳しく言い過ぎているのかな~、と。。反省。

楽しい時間を過ごしているときにうるさく言われると、
子どもだってしらけてしまいますよね。

それに、この前お祭りでかき氷を食べている娘を見て、
自分も子どもの頃にお祭りでかき氷を買ってもらって
嬉しかったのを思い出しました。

子どもは当然、このお菓子は体に良いとか悪いとか、
そんなこと気にしません。
かき氷のシロップなんて、見るからに体に悪そうですが(笑)、
お祭りみたいな特別な場所で、「食べる」こと自体が思い出になる。
それを奪ってはいけない気がします。

私たちがまじめに食べ物を作って、
それをまじめに料理して食べさせていれば、
いつか子どもが、自分の舌で「本物」を選んでくれるようになると信じて・・・

今はもう少し大らかになってみようと思います。

| コメント (0)

2010年7月28日

モッタイナイ

まる妻です。

週末は金、土、日と真岡のお祭りでしたが、
土日は二日とも夕方から雷を伴った豪雨。

まさにあれが最近よく耳にする「ゲリラ雷雨」というやつなのでしょう。
土曜は花火大会に出かけようと車に乗り込んだ直後から突然激しくなり、
出発することも、家の中に戻ることもできず、
しばし車内で一家団らん(?)となりました。

雷はここ栃木の名物。
電器屋で電化製品を買うと「雷保険」なるものを勧められます。

さて、出産後は炎天下の畑に赤ん坊を連れて行けないため、
私は出荷作業と庭の草むしりくらいしか外で仕事をしていません。
そのため、しばらくは子育ての話題が多くなってしまうかと思いますが、
ご勘弁下さい。

上の子に続き、下の子も自宅に戻ってからは布おむつを使っています。
産後しばらくは水仕事は控えた方が良いそうで、
主人の実家にお世話になっていた間は紙おむつを使っていましたが、
やはりあれはもったいない!

特に生まれたばかりの頃は、
おしっこも1回の量が少なく頻繁なので、
少ししかぬれていないおむつをポイポイと捨てるのが、
もったいなくて、もったいなくて。
だからといって、濡れたものをはかせておくのもかわいそうだし。。

そんな調子で使っていると、買ってきたおむつはあっという間になくなり、
そしてゴミ箱があっという間にいっぱいに。

その点、布おむつは生まれてからトイレトレーニングが始まるまで
洗ってくり返し使えて、また赤ちゃんが生まれればその子にも使えます。
主人の実家で、なんと主人が赤ん坊のときの布おむつが出てきて、
まだまだきれいで使えそうだったので、いただいて使っています。

布おむつはかぶれにくい、とか他にもいいコトがありますが、
とにかく私は「使い捨て」があまり好きではありません。

前から思っていることですが、
どの街にも「修理屋」があって、
電化製品でも、車でも直してくれて、
最後までとことん使う仕組みができればいいな、と。
(メーカーの目の敵にされそうですけど)

「修理するより買いなおした方が安い」は、やっぱりへんです。

| コメント (3)