2012年2月 8日

機械小屋建設中

Photo_2

お久しぶりです。まる妻です。

また今年も新年の挨拶を逃しました。
年が明けて最初の更新ですが、もうすでに2月・・・
あいかわらずののんびり更新、今年もおつき合い下さい。

12月中旬くらいまでは、「この冬は暖かいねぇ~」なんて言っていましたが、
いえいえ、とんでもない。やっぱり寒いです。

栃木って一応関東なので、
それほど寒いと思われていないのが悔しいのですが、
毎年冬になると栃木に嫁に来たことを後悔します。(笑)

夜洗った食器が凍ってくっつき、便器の中の水が凍り・・・
これでも家の中か!と、ツッコミを入れたくなります。

早く春よ来い!

そんな調子なので、畑の方は草も生えず、種を蒔くこともなく、
淡々と収穫と出荷作業。
その合い間に機械小屋の建設を(夫が)行っています。

運良くいろいろな方からいろいろなモノををいただいて、
うちはけっこう機械類が充実していると思うのですが、
それらが雨ざらしで置いてあって、前からいかんな~と思っていたのでした。

先日、ありがたいことに有機農家の仲間が10名弱、
小屋の建設を手伝いに来てくれました!
あっという間に骨組みが出来上がってしまい、本当に助かりました。

しかも皆さん、「勉強になりました」と言って去っていく。。
あの姿勢、見習わなくては。

今後は主人と義父がコツコツと進めていきます。

それにしても主人の技術もかなり向上しました。
しかし、常に何かをつくりたがっているので、
家の周りが建物だらけになりそうで心配です。。

| コメント (0)

2011年12月 7日

うかたま

まる妻です。

5日発売の「うかたま」という雑誌の
『耕す女子たち』というコーナーに登場しております。

これまでにも地元のテレビやラジオなどに
ちょこっと出させていただいたことはありましたが、
農園主の夫がメインでした。

今回はタイトルからおわかりのように、
女子(?)である私の話を記事にしていただいたのですが、
いや~思いを伝えるって難しいですねぇ。

終わってみると、あれも話せばよかった・・・ということがいっぱい。

しかし、拙い話を「よくぞここまで!」というくらい
うまくまとめていただきました。さすがプロです。

本屋で見かけましたらお手にとってみてください。
いちば~ん後ろの方です。


Photo_2

| コメント (2)

2011年11月30日

ささやかな抵抗

まる妻です。

先日、夫婦そろって携帯電話を別の会社に乗り換えました。

理由は、今回新しく契約した会社の社長さんが、
自然エネルギーへの転換にかなり力を入れていること。

その後、この社長さんが経団連の理事会でたった一人、
原発の再稼動に反対した、とのニュースもありました。

電話で解約の手続きをするとき、
「お客様、『そのような理由』ではデメリットしかありません」と
オペレーターの人に言われました。(笑)

確かに、最近は解除料なるものがかかるようになって、
その他に事務手数料も・・・と、かなり取られます。

それは今はおいといて。。

使用料の安さや、サービスの質などの他に、
そういう基準で商品や会社を選ぶというのもアリなんじゃないかと。

残念ながら私たちは、まだ電力会社を選べません。

いくら送電線の国有化や脱原発をデモや署名で訴えても、
なんの強制力もないし、電力会社は痛くも痒くもないようです。

そこでささやかな、ささやかな抵抗です。

他にも、自分の家にある電化製品のメーカーが原発をつくっていたり、
お金を預けた銀行が軍需産業に投資していたり・・・
ということもあるようです。

いろいろなことがいろいろなところで絡み合っていて、
日常のこういう小さな選択によって、
自分たちの未来に一票を投じているようなものかもしれません。

本当に複雑な世の中です。。

ちなみに・・・手続きにかかった諸々の費用は、
キャッシュバックキャンペーンで実質負担0円でした!(笑)

| コメント (0)

2011年11月20日

マイチャレンジ

Photo_2

どうも、まる妻です。
相変わらずののんびり更新です。

先週、うちの子たちもそのうちお世話になる真岡東中学校から2年生3名が、
「マイチャレンジ」という職業体験のプログラムで3日間来てくれました。

体験の場は、スーパーやコンビニなどの店舗から、
学校や保育園、図書館、消防署などの公共施設までいろいろあり、
生徒が希望したところで職業体験をするというもの。

まんまる農園に来てくれたのは、
「希望したところは人気で行けなかった」という男子3名。(笑)

うちの子も中学生くらいになったら、
ひねくれて、まともに口も利いてくれなくて、何をするにもかったるそうで・・・
というふうになるんだろう、と今から想像していたのですが、
来てくれた3人はとってもとっても素直で、まじめで、純粋な子たちでした。
田舎だからなのでしょうか・・・ちょっと安心しました。

まぁ素直過ぎて「疲れました」とか、
「足が痛いです」というような発言も多かったので、
(思うのは自由ですが)途中からネガティブ発言禁止にしました!

3人には、主に玉ねぎの植え付けをお願いする予定でしたが、
慣れない作業を一生懸命、黙々とやってくれ、
予想していたより早いペースで進んだため、
次の仕事の段取りにこちらがあたふたする場面も。。

たった3日間でしたが、3人それぞれの良いところがはっきり出ていました。
器用でのみこみの早い子、よく気が利く子、ムードメーカーの子。

自分の子供だと、つい「できないこと」に目がいってしまいがちですが、
子どもには(もちろん大人も)個性があり、
得意なことや良いところ、そうでないことがある。
そんな当たり前のことに改めて気づかせてもらいました。
その子のあるがままを受け入れて、
良いところをのばすお手伝いをしてあげたいな、と。

・・・と、すっかりオバサン目線ですね。。

私たちも楽しく、いろいろ学ばせてもらった3日間でした。
ありがとう!!

| コメント (0)

2011年10月23日

地球にやさしく??

大変お久しぶりでございます。まる妻です。
長い長い沈黙を破るのには、結構勇気がいります。(笑)

少し前にRADIO BERRY(FM栃木)、雑誌「うかたま」と
続けて取材をしていただく機会がありました。

どちらも事前にこのブログを読んで下調べというか、
してきてくださったのですが、とにかく情報量が少ない!

野菜のお客様には毎回「まんまる通信」というお手紙を入れて、
畑の近況や、日々感じていることなどをお伝えしているので、
最低限それさえきちんと書いていれば・・・という考えが多少あったのですが、
原発事故後の「これから一体どうなるんだろう」的な記事のまま止まっているので、
「まんまる農園って今やってるんですか?」なんて問い合わせがあったりして。。

あまりはっきりは宣言しませんが、
これからはもう少しがんばります。

まんまる農園、ちゃんと続いています!
原発の事故以来、人間はオロオロするばかりですが、
野菜を含む植物たちは、何事もなかったように、
自分たちには関係ないとでも言いたげに、
これまでと変わらず芽を出し、生長し、実をつけたりしています。

よく「地球にやさしく」という言い方をしますが、
それについて誰かが言っていました。

「地球からすれば人間なんて、皮膚についた細菌くらいのもの。
そんなちっぽけな人間が『地球にやさしく』なんておこがましい」と。

そうかもしれません。

「地球にやさしい」生き方ではなく、
「地球にご迷惑をかけない」生き方を心がけるべきかも。

>環の花ケンジさん
コメントありがとうございました。
承認前に消えてしまいました・・・
更新がんばりま~す。

| コメント (0)

2010年8月 1日

トマト、豊作

Photo

まる妻です。

先日書いたように、息子がよく寝てくれるので、
ブログの更新が生まれる前より頻繁です。(笑)
娘のときは、こんなことあり得なかったな。。

さて、トマトが大豊作です!
というのも、今年はハウス2棟で作っているから。

今まで育苗をしていたハウスと、
新居の前に建てた新しい育苗ハウスです。

旧育苗ハウスは、もう何年もトマトを作り続けているので、
連作障害で病気が出たり収量は落ちていますが、
新しいハウスが大フィーバーです。

就農1年目もやはり大フィーバーで、しかも9月中旬頃まで採れ続けました。
今年も期待大です。
やはり畑にムリさせちゃあいけないんだな~。

先週は、皆さんに1kgずつお届けできましたが、
それでも割れているものなど自家用がたくさん出て、
いよいよ始まりました、ピューレ作り。

パスタ、チキンライス、シチューなど、トマト料理に大活躍します。

トマトを煮詰めてピューレ状にし、瓶詰めする単純な作業ですが、
この暑さの中、長時間火を使う仕事はとにかく暑い!

そこで今年は、乳飲み子もいることだし、ちょっと手抜き。
(さっきよく寝る良い子だと書いたばかりですけど。)
例年はザク切りトマトを煮詰めて、最後に皮と種を濾すのですが、
今年は最初にミキサーにかけ、煮詰めるだけにしてみました。

種と皮の破片が残りますが、さほど気になりません。
むしろ、生のトマトを料理したような仕上がりだし、
この方が無駄がなく、栄養価も高いのでは!
・・・と、前向きな言い訳を考え、せっせと作っています。

ピューレは皆さんにお届けできるほどは作れないので、
しばし旬のトマトをお楽しみ下さい。

ただ、到着時の状態が心配です。
大雨の後は急激に水分を吸い、実に割れが入ります。
特に暑い中密閉状態で運ばれる宅急便では、
そこから傷みやすくなっています。
選別にはかなり気を遣っていますが、
大半が食べられなかったという場合は、ご連絡下さい。

先日ふと、自家用はほとんどピューレにしてしまっているので、
食べる分も残しておかないとな、と思ったのですが、
主人は収穫しながらパクパク、
娘は保育園の行き帰りにパクパク、
私はピューレを作りながらパクパク。

各々で豊作を満喫しているようなので、良しとします。

| コメント (0)

2010年7月23日

我が家の新入り君

大変お久しぶりのまる妻です。

6月初めに男の子が生まれました~
ヤギ、ではなく人間の。(笑)
ヤギの赤ちゃんも待っているのですが。。こちらはまだ来ません。

今回も安産で、サポートしてくれた家族と、
がんばった赤ん坊、そして健康に感謝です。

陣痛が始まったのが出荷の日の朝で、
「終わるまで待って~」の願いが通じたのか(かなり身勝手)、
一度痛みが遠のき、その間に無事作業終了。
それから急いで病院に行きました。
(配達の方は翌日になってしまい、ご迷惑をおかけしました。)


出産後は一ヶ月ほど夫の実家に居候させてもらいましたが、
この間、娘が大暴れ・・・
赤ちゃんがえりするでもなく、ヤキモチを焼くでもなく、
とにかく怒られそうなことを片っ端からやって、
大人(4人)の気を引く作戦。

こちらもその挑発に乗ってはいけない、と思いつつ、
ついつい怒ってしまう。。
こんな調子でやっていけるのかしら。。
と思っていたのですが、
不思議なもので、自宅に戻って大人が2人になると、
2人で対応できる範囲でしかわがままも言わない。
これには驚きました。

もう一つ驚いたのは、そんな中、おむつを卒業したこと!
きっと後戻りしてしまうだろうと思っていたのに。。

そして息子はというと、
生まれたときから常に「お姉ちゃん」という存在がいて、
それをわきまえているのか、必要なときしか泣かないし、
どんなに娘が騒いでいても平気で寝ています。

下の子が生まれる前は、
「お姉ちゃんが寂しい思いをしないようにしなきゃ。。」
なんて思っていましたが、
結局、あの手この手で自分をアピールしてくるお姉ちゃんにばかり
こちらも気を取られて、下の子はほったらかされ気味。。

良い子は損です!

最後に夫はというと、
居候とサッカーのワールドカップがバッチリ重なり、
(自宅にはテレビが無いので)
居候ライフをかなり満喫しておりました。

| コメント (0)

2010年6月 4日

のどかな田園風景に思う。。

Photo_2 

まる妻です。

先日、まんまる農園もこの辺りでは一番遅い田植えを終えました。

どこの田んぼも水がキラキラしていて、稲のみどりが鮮やか、
田んぼの上を吹きぬける風も爽やかで、本当に気持ちの良い季節です。
のどかな田園風景が広がる真岡に住み始めてからは、
今の時期が一番好きです。

しかし、我が家のまん前にある人様の田んぼでは、
早速、農薬散布の開始・・・
窓を開けると、風に乗ってイヤな臭いが漂ってきて、
せっかくの田園風景も台無しです。。

(使用が認められているものとはいえ)これだけの悪臭を放つものが、
体や環境に良いとは思えません。


人間の都合の良いように遺伝子操作された植物、
その周りには虫も、それを食べる鳥もいない、
そんなふうに、そのうち自然が、なんと言うか・・・「表面的なもの」に
なってしまうのではないか。。と危惧しています。

今はまだ、田んぼにはサギが舞い降りて餌をついばみ、
夜になればカエルの合唱が聴こえてきます。

この多様な自然がいつまでも身近にあればいいな、と思います。

最近のミツバチの激減も、農薬が原因ではないかと言う専門家もいます。
果物や生りもの野菜の受粉に欠かせないミツバチ。
農薬が原因だとしたら、
結果として自分たちの首を絞めていることになり、皮肉なことです。

我が家も含め、この辺りは地下水を汲み上げて
飲用している家がたくさんあります。
地下水への影響もかなり心配なところです。

上水道を引くとか、浄水器をつけるとか、
したほうが良いのかな~・・・と考えてしまう今日この頃です。

| コメント (1)

2010年5月13日

救世主

Photo   Photo_2

まる妻です。

皆さん、連休はどのように過ごされましたか?
我が家は久しぶりの晴天続きで、夫は畑仕事、
私は毎年恒例の陶器市での出店。
娘ともっと遊んであげなきゃなぁ・・・と思いつつ、

あっという間に過ぎていきました。

さて、前回書いたように、
今年は春先からの日照不足と寒さにより、
春野菜の生育が大幅に遅れ、
しばらくはセットに入れられる野菜がない!という状況でした。。

そんなとき、家庭菜園による野菜の自給を目指し、
育児休暇を利用して畑を手伝いに来てくれているOさんが
実家の竹林で筍を掘らせてくれるとのこと!

一時、品目数の少ない少量のセットのお届けとなりましたが、
筍の存在感の大きさと言ったら。。
それに加え、我が家の庭と畑の隅に蕗も生えており、
お届けすることができました~

皆様にはご迷惑をおかけしましたが、
この時期ならではの筍と蕗、
楽しんでいただけたのではないでしょうか。

野菜を作っているからには、
意地でも(?)野菜を買いたくない我が家も、
「野菜が採れない=食べるものがない」という状況でしたが、
この筍と蕗の登場で、食卓がなんだかいつも以上に贅沢に。

筍は煮物、天ぷら、炒め物、筍ご飯・・・と思いつく限りの食べ方は
一通り楽しみました!

こういう時は重なるもので、
さらに友人から独活やこごみをどっさりもらったりして。
例年は山菜なんて、ほとんど口にできないのに、
この春は山菜を楽しんじゃったな~

独活の葉っぱの天ぷら、最高です。


| コメント (0)

2010年4月29日

娘、復活

Photo_3  Photo_4

まる妻です。

先日、娘の保育園登園拒否について書いたところ、
思わぬ反響が。

「うちもそうでした」とコメントをいただいたり、
わざわざ電話をくださった方も。。
みんな通る道なんだな~と、勇気づけられました!
ありがとうございます。

この場をお借りして娘のその後を書かせていただくと、
幸い登園拒否は短期間でおさまり、
今は笑顔で行ってくれています。

体調を崩していたのが大きく影響していたようで、
保育園だけでなく、しばらくはお風呂、歯磨き、
さらにはお父ちゃんまでも(笑)拒否していたのですが、
不思議なもので、全てほとんど同時におさまりました。

子供って面白いな~
ご心配をおかけしました。

さて、このブログが子育て日記化しないよう、
久しぶりに畑の様子を。

こちらも皆さまにご心配いただいていますが、
まんまる農園でも春先からの日照不足と寒さにより、
春野菜の生育がかなり遅れています。

野菜セットをお届けしている皆さまには、
品目数が揃わず、しばらくは少量のセットのお届けとなり、
ご迷惑をおかけしています。

雨が多い分、ハウス内での夏野菜の種まき・鉢上げ(移植)が
どんどん進みます。。
写真(左)は手前からトマト、ピーマン、ナス。
その他とうもろこし、ズッキーニ、かぼちゃ、モロヘイヤなどなど・・・
ハウス内には所狭しと鉢が並び、畑へと巣立つ日を待っています。

そして、稲の種籾蒔きも終えました。
今年で3年目のお米作り。
毎年新たな学びがあり、それをいかに翌年に活かせるか。。
1年目より2年目、2年目より3年目・・・といきたいものです。

今年も育苗はビニールを敷いた枠内に
苗箱を並べ、水を張って管理する「プール育苗」。
常に水を入れておくことで病気を防ぎます。

昨年は初めての試みで、うまく水が溜まりませんでしたが、
今年はどうなるでしょうか。。
発芽したらいよいよ水をいれます。

| コメント (0)

より以前の記事一覧